2018.3.28

「会食」の日こそ、ブレザーをハズシて by柳田啓輔 

皆さん、こんにちは。
「会食」という言葉にやっと慣れてきて、ついつい普通の飲み会すら「会食」と呼んでしまいがちな、編集部の柳田です。ちなみに、未だにその境界線はよく分からずなのですが(笑)

エンジニアド ガーメンツのファティーグ(orカーゴ?)パンツはただただストレートなシルエット。ガシガシはきこんで、洗濯しまくった結果、少しクタっと味が出てきました。お尻のところに謎の血のような赤い汚れがついていましたが、もはや良しとしています。

今回は会社の新役員との「会食」があった日のコーデです。
すっかり暖かくなり、昼間はジャケット1枚で丁度良いくらい。そうなると、やはり懲りずに紺ブレを着たくなります。グレーのフランネルのようにきちんと"型"に合わせるのも好きなのですが、なんとなく崩したい気分。かといってハズしを狙いすぎるのもいやらしく見えるので、色落ちしたファティーグパンツが丁度良かったり。ブレザーの優等生感と軍モノ由来の"男くささ"が混ざると、なぜか心地良い気がするんです。

寒くなったら……

バーバリーの(良くも悪くも)古めかしいチェックはどこか「ダサかわい」くて気分です。ブレザーを着たときの気恥ずかしさは、首元のボリューム感とチェックで誤魔化します!

朝晩はまだまだ寒かったりするので、念のためにマフラーをバッグの中に突っ込んでおきます。帰りが夜中になっても、今くらいならジャケット+マフラーでちょうど良かったりします。

防寒対策という意味もありますが、このままだと少しアメリカくさくなり過ぎてしまう気がして。大学時代、心酔&アルバイトしていた雑誌に書いてあった「アメリカものの洋服ならば、靴や小物をヨーロッパもので合わせるとうまくバランスが取れる」という言葉に引っ張られているのかもしれません。

そして、これぞ本当の「誰得」なのですが……

2年ほど前に終了してしまった(泣)トムブラウンによるブルックスのコレクションライン〈ブラックフリース〉のシャツ。ベースはブルックスのオックスフォードのまま、身幅は少しタイトに、襟はラウンドカラーで。
髪の毛を下すとこうなります。坂本龍一のことは勿論リスペクトしていますが、意識してこの髪型にしているわけではありません!(笑)
 

髪を切って、おろすようになってから「何を目指しているの?」と周りからツッコまれますが、坂本龍一でも堀内孝雄でもありません!(笑) 
ちなみに、大草編集長からは「コボちゃんみたいでいいじゃない!」という(喜んでいいのかわからない)有難いお言葉を頂戴しましたよ!
 

CREDIT:
ジャケット/アイコムデギャルソン・ジュンヤワタナベマン(この日と同じ
シャツ/ブラック フリース バイ ブルックス ブラザーズ
パンツ/エンジニアド ガーメンツ
ネクタイ/ヴィンテージ
マフラー/バーバリー(この日と同じ
シューズ/トムブラウン ニューヨーク(この日と同じ
バッグ/レアジェム(この日と同じ
眼鏡/オリバー・ゴールドスミス(この日と同じ

柳田 啓輔

ミモレ唯一の男子。鹿児島出身ですがお酒は強くなく、平成5年生まれの昭和顔だと思っていたら最近は大正っぽいと言われるようになりました。学生時代からトラッド、ストリート、モードと、色々と迷走してきましたが、今は社会人として見られる格好を心がけようと、さらに迷走中。ミモレの新人として日々是鍛錬で精進していきます。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る