石川雅子さんのブログにも書かれていたように、先週末はアメリカ祝祭日のひとつ、サンクスギビング(感謝祭)でした。宗教色の強いアメリカ行事が多いなかで、サンクスギビングだけはそのような意味合いが薄く、家族や友人同士でテーブルを囲み、収穫をともに祝うもので、ご存知の通り、どの家庭でもターキー(七面鳥)のローストをメイン料理として頂きます。そのため、感謝祭の朝には、大統領が2羽の七面鳥を放ちながら恩赦を与える「ターキーパードン」という、何ともシニカルなセレモニーまであるようです(笑)。
 

絶妙な甘辛テイストのターキー+クランベリーソース。甘辛コンビといえば、ミートボールにジャムをつけて頂くスウェーデン料理もありますね!

感謝祭当日は、友人のご自宅にご招待いただき、このアメリカらしい行事を初体験しました。そうそう、ターキーにはクランベリーソースをつけて食べるってご存知でしたか?このスタイルがアメリカの伝統らしく、辛甘テイストを楽しむのだとか!? とーっても美味しくてすっかり食べ過ぎましたが、この毎年ターキーを食すという風習は、日本で言えばお正月のお雑煮みたいなものなのですね!

そしてその翌日は、待ちに待ったブラックフライデー!アメリカのリテールショップでは年間で最も売り上げが上がる日のようで、毎年このスーパーセール前夜から各シップには長蛇の列ができ、また買い物客の気持ちが高揚しすぎてか死者まで出たこともあったとか。これも、日本の初売りのような感じでしょうか? 半端ない気合いの入った雰囲気に少々おののきながらも、友人とソーホーまで繰り出してみました。
 

  • 入店規制しているショップも多く、道は人で溢れかえっていました
  • やっと入店できたと思ったら、棚には既に商品がなく‥(涙)

ひと言で表現すると、人・人・人。ニューヨークにこれだけの人がいたのか?と思わされるくらいの賑わいで、入場規制をしているショップも多く、やっとの思いで入れたと思ったら、既にガラガラの棚があるほど(苦笑)。夜10時近くまでオープンしているお店もあり、終夜まで活気づく街に圧倒されっぱなしで、結局何もゲットできずじまいでした‥。

すっかり人酔いした私は、最後は「つるとんたん」へ。日本の有名店がニューヨークに初進出し、最近話題のうどんレストランです。こちらも大賑わいの店内でしたが、日本と変わらないダシの味に、歩き疲れた身も心も癒されました。
もちろんターキーも美味しかったのですが、やっぱり和食は最高ですね♡

 

おうどん店「つるとんたん」。日本と変わらない味が嬉しかったです!