title
6

「パリ女性の赤」をマスターすれば、おしゃれ度はアップする!

 

ワードローブはモノトーンやベージュが多いけれどこの春、色を取り入れたいと意識しているミモレ読者もいるはず。でも冒険して無駄なお買い物はしたくない…。そう思ったらパリ女性の大好きな「赤」を取り入れてみませんか?赤はベーシックな色にしっくりくる万能カラー。さらにエスプリを感じさせる効果的な色なんです。

パリの女性は赤使いが絶妙。いつものモノトーンスタイルに赤を差すだけで、ガラッと新しい印象が完成。こんなところにも少ない服でもおしゃれに見せられる彼女たちのテクニックがあったと気づかされます。

フランスに留学した経験もあり、『THE FRENCH STYLE BOOK カジュアルで女性らしいパリジェンヌな着こなし』という著書があるくらいパリのおしゃれスタイルに詳しいスタイリストの福田麻琴さんに、パリジェンヌとパリマダムが得意とする、ピリッと利かせる赤の取り入れ方について聞きました。

「自分の『ステディな赤』があり、それをおしゃれに上手に利かせる術を持っているパリの女性たち。
私たちも学びたいテクニックです。
鮮やかな赤からボルドー系のシックな赤まで
たくさん経験して自分らしい赤を見つけてみて。
きっと新しいおしゃれが広がります」ー福田麻琴


 from Pinterest 
パリジェンヌ&パリマダムの赤使い例をご紹介します

 パリジェンヌ 

pin1

pin2

・パリジェンヌはビビッドな赤をトップスで着るのが好き
・あくまでもカジュアルに元気よく着こなす
・カジュアルだからこそ自分に似合う赤リップを忘れない

 

 パリマダム 

pin3

pin4

・華奢な赤パンプスより存在感のある赤シューズを選ぶ
・服には赤を使わず、足もとの赤を鮮明に印象付ける
・さり気ないポイント使いが好き


福田麻琴さん流パリジェンヌ&パリマダム風「赤」の取り入れ方は?


赤は気になるけれど、取り入れる勇気がなかなか湧かないという読者の皆さんに最も簡単な取り入れ方とアイテムを教えてもらいました。いつもの服に赤のアイテムをひとつ加えるだけで、気分もおしゃれ度もアップするはず!


 パリジェンヌ 
鮮やかな赤をトップスに。顔色まで明るくなります

ニット/スローン パンツ/アクネ バッグ/シャネル シューズ/スペルタ

赤を主役に黒デニム&黒小物とのコントラストを楽しみます。ジャストフィットのニットを選んで正統に着るのがおすすめ。黒や白のニットにはないアクティブさが魅力的に映るはず。

 

自分の肌の色に似合う赤を吟味することが成功のカギ。また、ラウンドネックでサイズ感の合うものを選びます。


パリジェンヌのおしゃれアイデア
赤ボーダーを主役に、赤小物を重ねて

 

pin5

・フレッシュな赤ボーダーは若々しくヘルシーな表情が作れる
・小物でも赤をリンクさせて印象づける

バッグ¥11000/マルシェ(フラッパーズ)  トップス¥8500/セントジェームス(セントジェームス代官⼭店) サンダル¥44000/ネブローニ(フラッパーズ)

パリジェンヌ流に着こなすなら赤を前面に出したアイテム選びを。他人に鮮やかな印象を残せます。


 パリマダム 
1か所に留めて視線を集中させて

シューズ/エルメス カーディガン/メゾン マルジェラ T シャツ/エイトン パンツ/ザ シンゾーン バッグ/ノーブランド

ベーシックカラーにワンポイントだけ赤アイテムを入れるだけで、印象が全く異なるものになります。この春に一足、靴を買い足すなら赤を選んで。幅広く履けます。

 

昨年行ったパリで買った赤のシューズ。決して即決できる値段ではなく悩みましたが、購入して本当に良かったと思える一足です。
 

パリマダムのおしゃれアイデア
あくまでも赤のポイント使いを楽しんで

 

pin6

・赤い靴下をブーツからチラッと覗かせるなどテクニックがある
・少ない面積でも効果があることを知っている

バッグ¥37000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セーカスタマーサービス)  ソックス¥2500/エンフォルド シューズ¥15000/オデット エ オディール(オデット エ オディール新宿店)

強く印象づけられる赤だからこそ、さり気なさを装うのがパリマダム風。経験値が高いほどエスプリの利かせ方も上手くなります。白×ブルーと合わせてトリコロールなど、さまざまな色の組み合わせで遊ぶこともできるのが赤の特徴。

 Beauty Column 
パリ女性はみんな赤リップと赤ネイルで女らしさを表現

 
ネイル<4/1> ¥2200/ウカ(ウカトーキョーヘッドオフィス)
リップ ¥3200/シュウ ウエムラ    

パリの女性はその瞬間の自分に合う赤アイテムを大切にしています。肌のくすみが気になってきたら、指にシワが出てきたら、それらを受け入れながらシワやくすみに合う赤を取り入れるのです。

PROFILE 福田麻琴さん

女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストとして活動中の2009年にフランスへ留学。1児の母。身長161㎝。Instagram:@makoto087

撮影/目黒智子
モデル・スタイリング/福田麻琴
ヘア&メイク/TOMIE(nude.)
文・構成/金沢由紀子、川良咲子(編集部)

・第1回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「黒」の着こなし」はこちら>>
・第2回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「巻き物」使い」はこちら>>
・第3回「パリジェンヌ&パリマダムのトレンチコートの着こなし術」はこちら>>
・第4回「春はパリジェンヌ&パリマダムの「ボーダー」スタイルをマスター!」はこちら>>
・第5回「モノトーン・コーデを上級に見せる、パリ女性のテクニック」はこちら>>