こんにちは!

私のインスタを見てくださっている方はもうご存知かと思いますが、我が家にまた猫が一匹増えまして。

茶トラ柄なので、名前はオットのひとが“とら”と名付けました。

今回の子も、先住猫である“くるみ”をもらって来た農場の子です。

以前農場からくるみをもらってくる際、二匹目も一緒にもらうつもりだったものの、その子が死んでしまったと言われてから、二匹飼いするのは諦めていたのです。

が、猫好きの知り合いからも「そろそろ二匹目を考えたら」、「二匹の方が猫の運動不足も解消されるよ」なんて言われて、にわかにまた考え始め。

一度は保護団体の猫の見学にも行ったのですが、二匹目は子猫の方が先住猫とうまく行きやすいという話を聞き、見に行った子がすでに大きかったため断念。

オットの人が「またあの農場の人に聞いてみたら? また居るかもよ?」と言うので、全く期待せずに「まだ二匹目を探して居るんだけど……」とメッセージをしたら、いきなり写真がビュンビュン!と送られて来てびっくり。

こんな写真が送られて来たわけです。

「2.5ヶ月のオスの子猫ですぐ引き渡せます。くるみとはお母さんが一緒です」と来て、知り合いにも「もうそれ、運命じゃない?!」なんてそそのかされて(?)、引き取りに行っちゃったのでした。

子供の頃から猫を飼って居ましたが、自分がちゃんと世話をしていたわけではないので、二匹目となったいま(まだ4日しか経ってないけど)、猫にも個性がすごくあるなーと改めてびっくり。

先住猫のくるみは、子供の頃はぬいぐるみのようにおとなしく、大人になった今もおっとり、といえば聞こえはいいけれど、つまりやや鈍くさい。

おんなじお母さんとは思えないほど毛の長さが違う。。

しかし新入りのとらは、くるみが数ヶ月かけてやっと登れるようになった場所でもスイスイ、ジャンプして登ってしまう身体能力。

動きが早すぎて、なかなか写真がブレまくり(汗)。

走りっぷりも断然とらの方が、すでに早い(笑)。

茶トラ柄、男の子は甘えん坊が多いと聞きましたが、とらも人の姿を見ただけでゴロゴロ言い出すほど。

逆にくるみは、大人になったらすっかりツンデレになり、近くには常に居るけれど、触られると時々ガブリと噛んだりする。

でも子猫の段階で"必殺抱っこしてひっくり返し術"(嫌がらない猫は抱っこされるのが好き)でチェックしたおかげか、今も抱っこが大好き。

そんな対照的な二匹は、果たして仲良くなれるのか。

二匹目を導入する際は、ゆっくり慣れさせることが大事と言うことで、先住猫のくるみさんとはまだケージ越しにしか会ってないのですが、この先二匹が仲良くなってくれますように……と祈るような気持ちで様子見中。