一気に着こなしの印象が明るくなるカラーパンツ。でも、トップス以上にコーディネートに変化をつけるのが難しそうですよね。そこで、スタイリスト佐藤佳菜子さんに、カラーパンツの着こなし術を聞いてきました。

 

関連記事
2021春のトレンドカラーは何色?失敗しない合わせ方>>


カラーパンツのコーディネートに変化をつけるには?

パンツ¥23100/アストラット 新宿店(アストラット)

高橋「きれい色を着慣れない人でも、顔から離れたボトムなら取り入れやすい」とよく言われますが、重ね着もできないし、トップスのようにボタンの開閉などで着方を変えることもできないから、コーディネートパターンがいつも同じになってしまうと悩んでいる方が多いようです」

佐藤「私がきれい色のパンツをはく時は、2パターンの組み合わせを用意しています。ひとつはカラーパンツをダークカラーでシャープに引き締めて着るアプローチ。もうひとつは、白やベージュなどの明るい色を合わせて爽やかに着るアプローチです。濃い色を合わせる or 明るい色を合わせる、と単純なのでコーディネートにも悩みませんし、簡単に印象変化ができます」


着こなし①
ダークカラーで締める

パンツ¥23100/アストラット 新宿店(アストラット) カーディガン[ニットとセットアップ価格]¥13000/プラステ バッグ/サカイ 靴/ヴィンテージショップで買ったサンローラン ピアス/カルティエ ネックレス/パリで買ったヴィンテージ 

佐藤「チャコールグレーや黒、ネイビーなどの濃いベーシックカラーと合わせると、きれい色が大人っぽくなるのでおすすめです」


着こなし②
明るい色と合わせて爽やかに

パンツ¥23100/アストラット 新宿店(アストラット) ブラウス¥35200/アドーア バッグ/ペリーコ イヤリング/ウィム ガゼット 靴/セリーヌ

佐藤「白やベージュなどの明るい色と合わせると、一気にフレッシュな印象に仕上がります」


エディター高橋はパンツの色を変えて印象チェンジ

 

着用アイテムの詳細はこちらをチェック。

高橋「私はカラーパンツが好きなので、いろんな色を持っていますが、合わせるトップスはきれい色とすんなりなじむベージュのシャツを合わせることがほどんど。シャツが同じでも、パンツの色を買えるだけで印象がガラリと変わるので、組み合わせ自体はワンパターンでも楽しむことができます」


スタイリスト佐藤佳菜子さんが提案するきれい色コーディネート集
▼横にスワイプしてください▼ 

洋服の詳細はこちらの記事をチェック!
大人が仕事で「きれい色」を取り入れるなら、何色が正解?>>

<お問い合わせ>
アストラット新宿店 tel. 03-5366-6560
アドーア tel. 03-6748-0540
プラステ tel. 03-6865-0500

※値段の入っていないアイテムは全て本人私物です。現在取り扱いがない場合もありますのでご了承ください。


撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)
スタイリスト・出演/佐藤佳菜子
構成・文/高橋香奈子

第1回「大人が仕事で「きれい色」を取り入れるなら、何色が正解?」>>

第2回「「ピンクを着るのは恥ずかしい」大人が取り入れたいアイテム」>>

第3回「2021春のトレンドカラーは何色?失敗しない合わせ方」>>

第4回「きれい色「またあの服着てる!」と思われない着回し術」>>

第5回「【ユニクロ、ZARA、プラステ】高見えするプチプラ「きれい色」をスタイリストが厳選」>>