日々の暮らしの、ちょっとした節目を迎えました。
大祓の日にちょうど鎌倉に出かける用事があったので、鶴岡八幡宮さまにお詣りに伺いました。

夏越の祓には水無月。今年も大変美味しくいただきました(一幸庵製)

よく鎌倉には通うものの、なかなかゆっくりと立ち寄る機会に恵まれなかった神社です。いつも車の運転席から手を合わせご挨拶はしていましたが、今回は境内をゆっくり歩くことができました。

夏の御装束での神事が執り行われており、いよいよ夏なのだわ〜と思いました。

大きな茅の輪をくぐり、息災を願いました。すぅっとする不思議な感覚になり、ああ伺ってよかったなぁ♡としみじみ。
でもやっぱり、日差しがなくても暑い季節になりました。
久しぶりに袖を通した着物がつらくもあり、身の引き締まる思いもあり。
清々しいひと時を過ごすことができました。

境内で摘まれた紫陽花が手水舎に浮かべてありました。きれい。

今年も折り返しです。平和で穏やかな日々でありますように。

 

☆おやちゃい通信~お野菜に関してビギナー(赤ちゃん)同然の私が「おやちゃい」の気づきをちょこっとメモします。

今日は半夏生です。私たちの祖先は夏の前のこの時期の雨を敬い、親しみ、大事に向き合って過ごしていたようです。今日は農作物の収穫をお休みしましょう、という習わしもあるようです。私もお店に並んだ美味しそうな夏野菜を眺めながら、これからの猛暑でばてたりしないようにレシピを考えています。その時間も楽しい♪

青梅の御菓子に、庭の梅の木の葉っぱをそっとかぶせて(一幸庵製)

梅のお仕事はできなかった分、梅の実を見るときゅんきゅんします。ころんとまんまるい青梅を愛おしく思いながら、去年作った梅エキスで何か作ろう!と計画中です。


雨もいとおかし。そんな毎日のinstagramです