11

【平野ノラ】ブルーシャドウに釘づけ!「バブリーメイク」をアップデート

37

「最小にして最大の効果」と話題のメイクアップ、それが、メイクアップアーティスト・水野未和子さんが提案する「ディファインメイク」。その人の骨格やパーツの形、肌の色などを生かし、その人の魅力を見つめ、深め、高める。外見だけでなく、内面の本質さえも「唯一無二の魅力」としてメイクで掘り起こし、際立たせるメソッドは、ひとりひとりが自分の顔をもっと好きになるきっかけを生みます。

そしてその応用編にあたるのが「インテンスメイク」。メイクされる本人さえもまだ出合ったことのない顔を引き出し、その人の魅力をさらに引き上げるメイクは、新たな可能性を広げてくれます。

そこで、ディファインメイク・インテンスメイクの「真髄」を知る連載企画。今回登場するのは、お笑い芸人・平野ノラさん。インテンスメイクでは、ノラさんの掘りの深さを生かした力強いカラーメイクに挑戦します。

 

MIWAKO’S MAKE-UP POINT


「メイク好き、メイク上手なノラさんだからこそ、『インテンスメイク』はより、緊張しました。このルックは完全に深いブルーのアイシャドウが主役。例えば、『この靴をどうしてもはきたいから、洋服を靴に合わせる』みたいな感覚でメイクしました。ノラさんの骨格や輪郭は、主張のある色にも負けないと思ったから、思いきり楽しめましたね」(水野さん)


足し算と引き算の潔さが、目を釘付けにする


どこかミステリアスで、どこかノスタルジックで。
水野さんが言うとおり、「濃いメイク」のノラさんを私たちは見慣れているはずなのに、この存在感に思わず息を呑みました。
ノラさん、インテンスメイク、いかがでしたか?

「いやあ、驚きました。この色、この陰影、アイシャドウだけですべてを語るメイクは、今まで初めて! ヌーディリップやチークとのコントラストも、意志的な眉とのかけ合わせも、とても新鮮でした。じつは、メイクルームで鏡を見ていたとき、強すぎる? 大丈夫? と思ったんですが、写真を見て、すべてが計算ずくだったと納得させられました。水野さんならではの足し算、引き算に感動したんです」(ノラさん)

 


フェミニンとマスキュリンが共存したセクシー


「アイラインでブルーを差すか、それともアイシャドウでブルーを魅せるか。迷ったんですが、ノラさんが普段、『バブリーメイク』でブルーのアイシャドウを楽しんでいるから、ならばとツイストして(ひねりを加えて)、こんなふうに主張のあるブルーを使いました。ノラさん、瞳が少しグリーンみを帯びたブラウンなんですよね。だから、ブルーが本当によく似合う。そのぶん、抜けるところはすべて抜いて、ミニマムに。ノラさんの頬骨って、とても格好いいでしょう? ケイト・モスみたい! こういう強さのある顔は、とことん抜いても、ぐっと存在感が出るんです。アイメイクに一点集中させて完璧にしすぎないことで、フェミニンとマスキュリンが共存したセクシーさが生まれた気がします」(水野さん)

日本人離れした顔。
大人ならではの魅力。
ヘルシーで、ワイルドで。
「同性が憧れる色気」を見せつけられた思いです。

「ぱっと見ると、旦那がベッカムかな? って(笑)。一瞬ですよ、一瞬。ジャケットを羽織りながらも、胸元をぎりぎりまで開けることで、『隠したいけど見せたい、見せたいけど隠したい』みたいな気持ちが生まれて、非常に面白かったですね。バブリーメイクに慣れているのはもちろん、今までナチュラルメイクから作り込んだメイクまでいろいろと体験しているから、そう驚くことはないと思っていましたが、これは想定外。まだまだ知らない顔があるんだって、半ば『動揺』しています」(ノラさん)

ジャケット¥132000/HAVERSACK(H/S Prédilection)、その他はスタイリスト私物


メイクは自分の終わりなき扉を開け続けるもの


想定外のメイクを体験したノラさんに改めて聞いてみたい、「メイクの力」。

「メイクは、自分の終わりなき扉を開け続けるもの。自分ではもう、ドアもない、窓もないと思っていても、誰かが開けてくれたり、それによってまた自分で開けることができたり。今日は本当にそれを感じました。終わりなきドアが今日、また始まったって感じですよね。私は結構、メイクで遊んでいるタイプの人間なんですけど、だからこそ、よりそう確信しました。メイクって、すごい力を持っています!」(ノラさん)

次回は、いよいよ、ノラさんがメイクを脱ぐ!
お楽しみに。

次ページ▶︎ 引力のある「ネオバブリー」な眼差しの作り方


彫りの深さが際立つ平野ノラさんの写真をもっと見る
▼右にスワイプしてください▼

  • 1
  • 2