17才の時に思い描いた夢をあなたは叶えましたか? 5月に成田凌さん主演でHuluでドラマ化され話題を呼んだ『あなたに聴かせたい歌があるんだ』。高校時代に出逢った印象的な女性教師と、その時の生徒たちの10年間の挫折や喪失を描いた作品で、小説家の燃え殻さん原作、おかざき真里さん作画という豪華なコラボです。

社会人2年目・27才の荻野智史は上司とカラオケに行き、そこで流れたある曲で高校時代の夏を思い出します。それは、臨時で来た美しい女性教師のこと。

 

この日の授業前、一人の女子生徒が手を挙げ「掲示板に変なものが貼ってあります」とニヤニヤして言いました。何が貼られていたのか。それは女性教師が隠していたかった過去の写真でした。彼女は絶句した後、すぐに剥がし「誰の仕業?」と生徒たちに訊ねるも、冷やかしの声ばかりでまともな答えが返ってきません。すると、女性教師は母親がひとりで自分を育ててくれたという生い立ちを語りはじめ、最後にこう言いました。

 

それから彼女はある曲をかけはじめました。キリンジの『エイリアンズ』。奇妙な時間が流れ、ざわめく教室。彼女は授業の後、学校を去ることになり、誰も行方を知らないままに。

この「皆さんはこれから十年経ったら必ず27才になります」という言葉と『エイリアンズ』という曲は、生徒たちの心に呪いのように残り続けました。生徒たちのそれぞれの「十年」とはどんなものだったのでしょうか。

 

アイドルになりたくて、高校卒業後に上京した女子生徒・前田ゆか。けれど現実は厳しいものでした。

 

オーディションに受かることがないまま、年齢を重ねる彼女は、東京で荻野と偶然に出逢い、なし崩し的に付き合い同棲をはじめます。彼は役者になりたいという夢を持っていました。けれど、彼は彼女の存在を理由にその夢を簡単に捨てようとします。

次に、あの女性教師が初恋の人だった男子生徒・片桐晃。彼は小説家を目指していました。何かしら書いてはいるものの、作品と呼べるものは完成できず、夢を夢見ている状態。ある壁にぶち当たります。

 

一方、別の男子生徒・中澤悠斗は、あの日教室内に流れた『エイリアンズ』に心を打たれ、「十年後には武道館だ!」と仲間とバンドをはじめました。でも、「十年」続けてきてもファンは少なく、もう解散を決めています。

 

そして、女性教師の「秘密」を貼り出した女子生徒・島田まさみはクズな父親との二人暮らしから逃げるように、卒業後にバイト先の店長と不倫し駆け落ち。でも彼も父と同じダメ男だったとすぐにわかります。彼と別れた後、カラオケで褒められたのは声でした。

 

17才から27才の「十年」で、夢を抱き目指そうとする生徒たち。でも、夢をつかみ取れずあきらめていく姿が描かれます。

彼らの中で異質なのはまさみです。彼女には元々はっきりとした夢はありませんでした。ゴミ屋敷のような家で父親に「早く飯を作れ」と言われる日々から抜け出したくて東京に行くも、一緒に来た男もクズ、ものまねタレントになるきっかけもカラオケでのスカウト。そして幸せをつかむのも世間に求められての結果でした。

不幸も幸せも他者(特に男性)からもたらされているのが他の生徒たちとの違いです。彼女を見ると、夢なんてもたないで生きている方がうまくいくのかな? なんて思ったりも。

でも、この作品が伝えたいことは、落胆した晃が訪れたバーの店長が語る言葉にヒントがありそうです。

成功するためにやるんじゃないのよ
納得するためにやるのよ人生は

夢を持つから心が折れたり何かを失ったりする。それでも夢にとらわれてしまう私たちは愚かしくて素晴らしい、のではないでしょうか。

今回、おかざき真里さんの繊細で美しい絵柄がより幻想的で叙情的になっている気がします。一言で言うと、おかざきさん史上一番「エモい」。テーマソングであるキリンジの『エイリアンズ』を聴きながら読むと、もう映画を観ている気持ちに浸れる一作です。

 

【漫画】『あなたに聴かせたい歌があるんだ』第1話を試し読み!
▼横にスワイプしてください▼

『あなたに聴かせたい歌があるんだ』
おかざき真里 (著) 燃え殻 (著)

十年前に、とある事件がきっかけで高校を去った臨時の英語教師の女性と、そのとき教室にいた生徒たちの十年間の挫折、喪失、そして再生を描いた、切ないながらも一歩踏み出す勇気を与えてくれる珠玉の青春漫画です。それぞれが夢に向かって頑張ったり、夢をあきらめて絶望したり、そこからまた新たな人生を歩み始める姿を、キリンジの名曲『エイリアンズ』が彩ります。
 



作者プロフィール 

(C)ウートピ

原作:燃え殻
小説家、エッセイスト。2017年刊行のデビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社刊)はベストセラーに。Netflixで森山未來主演により映画化され、全世界に配信中。著書に『すべて忘れてしまうから』『夢に迷って、タクシーを呼んだ』(扶桑社刊)、『相談の森』(ネコノス刊)、『これはただの夏』(新潮社刊)など。
Twitterアカウント:@Pirate_Radio_

原作:おかざき真里
漫画家、イラストレーター。代表作に『サプリ』『』(FEEL COMICS)、『阿・吽』(ビッグコミックスペシャル)など。映像化多数、海外翻訳多数。2021年には『ずっと独身でいるつもり?』(原案・雨宮まみ)が田中みな実主演で映画化され話題を呼んだ。現在『かしましめし』(FEEL COMICS/既刊4巻以下続刊)を「FEEL YOUNG」にて連載中。
Twitterアカウント:@cafemari

 

構成/大槻由実子
編集/佐野倫子