title
8

パリ女性のスタイル学「大人世代に、今こそアニエスベーとA.P.C.が効く」

 

永遠に世界をリードするファッションの街、パリ。NY、ミラノ、ロンドン…とファッションの発信地と言われる都市はいくつかありますが、誰もがおしゃれ哲学をもち、自分に似合うスタイルを当たり前のように着こなす街は他にありません。

幼い頃からおしゃれに親しみ、フレンチブランドに触れてきているパリ女性。
中でも代表的なブランドがagnès b.(アニエスベー)とA.P.C.(アー・ペー・セー)です。A.P.C.は3人にひとりが着ているほど若いジェネレーションを中心に親しまれ、agnès b.は映画や音楽、アートなど文化的な影響力も強く、今や洋服ブランド以上に人々の生活に入り込んでいます。

ともに長きにわたって色褪せない「フレンチベーシック」を代表する存在であり、スタイルのあるフランス女性にいまだ愛されているブランドです。

この記事では、フランスへの留学経験があり、『THE FRENCH STYLE BOOK カジュアルで女性らしいパリジェンヌな着こなし』という著書もあるスタイリストの福田麻琴さんに、2大フレンチブランドagnès b.とA.P.C.について解説してもらいます。

「agnès b.とA.P.C.の不変のテイストはフレンチ魂そのもの。
定番アイテムも時代に合わせて少しずつ進化させ、パリの女性にずっと愛されているフレンチブランドです。
着てみると、スタイルのあるパリのおしゃれの空気感を楽しめる、そんなブランドだと思います」ー福田麻琴


 from Pinterest 
パリジェンヌ&パリマダムの好きな二大ブランドをご紹介します

 A.P.C.  

pin1

pin2

・シルエットが綺麗でベーシックなデザイン
・トレンドのロゴTも遊び心たっぷり
・色はベーシックなネイビー、黒、ベージュが中心
・トレンドアイテムとの相性も良い

 

 agnès b.

pin3

・Tシャツのシルエットは不変。同じアイテムがリピート買いできる安心感がある
・カーディガンなど色褪せない永遠の名品がある
・トレンドよりベーシック。でも決して古臭くならない
・黒・白のほか、フランスらしいニュアンス色が揃う


福田麻琴さん流 A.P.C. & agnès b.の取り入れ方


「A.P.C.」 と「agnès b.」は、日本でも一世を風靡しましたが、近年、スタイリストやエディターの間でもその色褪せないテイストやスタイルのあるものづくりが、あらためて注目されています。

ここでは福田麻琴さん自らが着用し、ずっと第一線で輝き続ける2大フレンチブランドの着こなしをご紹介します。


 A.P.C. 
ロゴトップスをストライプパンツに合わせて新鮮に。シックな色合わせがポイントです

トップス¥21000、パンツ¥35000、シューズ¥47000/すべてアー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

流行のロゴトップスと脚を美しく見せるストライプパンツ。色はネイビーをベースにシックにまとめながらも、こだわりのあるアイテム選びにパリらしいエッセンスが光ります。

A.P.C.は定番のライダースやデニム、トレンチも人気ですが、最近ではインパクトのあるロゴアイテムやパンツにも注目が集まっています。

 

 

 Column  シンプルながらおしゃれなフォルム。
A.P.C.はバッグも大人気です


pin5

pin6

<左>¥45000、<中>¥72000、<右>¥59000/すべててアー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

実はバッグも大人気なA.P.C. 。手頃なサイズとシンプルなデザイン、持っているとさりげなくおしゃれさが漂うころんとしたフォルムが特徴です。パリを歩いていても持っている人をよく見かけます。


 agnès b. 
スナップカーディガンをレザーに。
ずっと変わらない定番にも大人の着こなしがあります

トップス¥8000、カーディガン¥185000、シューズ¥39000/アニエスベー バッグ¥18000/宮本⼯芸(カレンソロジー⻘⼭)  スカート/スタイリスト私物

agnès b.といえば、スナップカーディガン、ボーダートップス、ロゴTが定番。誰もが思い浮かべられる不変のデザインですが、少しずつ時代に合わせて更新しているから、いま着ても古く見えません。

若かりし頃にagnès b.ブームを経験した世代が、40〜50代になり、パールやスカートを合わせて新たな表情で着こなしているのを近頃よく目にするようになりました。大人はレザーのスナップカーディガンをチョイス。パールと赤リップを合わせるのがポイントです。

 

スナップカーディガンのシンプルなデザインはボトムスを選びません。またロゴTシャツは、いま再び注目されているアイテムのひとつ。シンプルなコーディネートのなかに今っぽい新鮮な表情を作ることができます。

 Column  agnès b.は柄の
ワンピースやパンツにも定評があります
ワンピース¥38000、パンツ¥27000/アニエスベー

オールインワン、ワンピース、パンツのベーシックなデザインは誰もが似合いやすいシルエットで、毎シーズンとても人気です。どこか懐かしいギンガムチェック、花柄、水玉、ボーダーといった定番柄が揃うのも人気の理由になっています。

PROFILE 福田麻琴さん

女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストとして活動中の2009年にフランスへ留学。1児の母。身長161㎝。Instagram:@makoto087

撮影/目黒智子
モデル・スタイリング/福田麻琴
ヘア&メイク/TOMIE(nude.)
文・構成/金沢由紀子、川良咲子(編集部)

・第1回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「黒」の着こなし」はこちら>>
・第2回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「巻き物」使い」はこちら>>
・第3回「パリジェンヌ&パリマダムのトレンチコートの着こなし術」はこちら>>
・第4回「春はパリジェンヌ&パリマダムの「ボーダー」スタイルをマスター!」はこちら>>
・第5回「モノトーン・コーデを上級に見せる、パリ女性のテクニック」はこちら>>
・第6回「「パリ女性の赤」をマスターすれば、おしゃれ度はアップする!」はこちら>>
・第7回「【大人のスニーカー選び】パリ女性に学ぶ上品シックなスニーカー・コーデ」はこちら>>