11

【スタイリスト川上さやか】おしゃれになるにはトレンドは買わないの真相

ファッション本『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』が大ヒット中の人気スタイリスト川上さやかさん。書籍の発売を記念して梅田 蔦屋書店にて行われたイベントの様子を紹介します。そこで語られた、この大胆な書籍タイトルの真意とは?


梅田 蔦屋書店にてスタイリスト川上さやかさんの書籍発売記念イベントが開催!

ダスタイリスト川上さやかさんの書籍『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』の初めての発売記念イベントは大阪で開催されました。アットホームで、次々に質問も沸き起こったイベントの様子を紹介します。

 


業界に波紋を起こした?!『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』というタイトルの真相!

「まず、この本のタイトルですが、実はこれに決まるまで何度も何度もみんなで議論しました。私自身、トレンドを提案するスタイリストという立場なので、発売してからも、各方面でいろんな意味で話題になって(笑)。なので、最初にこのタイトルに込めた私の思いを紹介したいと思います。『トレンドは買わない』とは、私自身が心がけていることなのですが、トレンドって初めて世に出てくるときって、見たことがないデザイン、形、素材であることが多いので、それに合わせる洋服が自分のワードローブにないという事態になってしまうんです。そのため、新しく買ったトレンドアイテムに合うものをまた買い足さなきゃいけないという悪循環を生んでしまいます。そうなると、洋服にすごくお金がかかってしまう…。しかも、来年も着られないという無駄も起こってしまうんです」

「だから、登場したばかりのトレンドアイテムは買わないほうが失敗しないというメッセージを込めました。本の中では、ガウチョパンツが流行った時のことを例に出して紹介しているのですが、これまではなかったガウチョパンツというアイテムが登場したとき、その新鮮さからつい手を出してしまったのですが、どんな靴を合わせればいいのか、どんなバランスで着こなせばいいのかがわからず、結局出番がなく終わってしまったんです。ですが、翌シーズンになると、各ファッションブランドも研究を重ね、ガウチョパンツの丈は長くなり、ワイドパンツのような感覚で取り入れられるものに進化しました。トレンドとして登場した当初より悩まずに着やすいアイテムになったんです。だから、トレンドとして登場したばかりのアイテムはすぐに買わずに一度様子を見て、次の2シーズン目まで待つのが正解だと気づきました。そうすれば、買い物の失敗がなくなるし、息長く着用することもできます」

この冬取り入れてもいいトレンドはブラウンカラー

「今年の話でいうと、取り入れてもいい2シーズン目の流行はブラウン。これまでは、グレー、ネイビー、黒などのアイテムが主流だったところに、昨冬くらいからブラウンがトレンドカラーとして登場してきましたよね。でも、昨年はまだ手持ちのワードローブにブラウンを合わせると、なんだかチグハグに感じていました。でも、去年に続き、今年もブラウンが人気になると、各ブランドもブラウンに合わせやすい色を出してくるんです。たとえば、とても相性の良いくすんだブルーやくすんだピンクが登場してきたりして、ブラウンの服が格段に着やすくなり、失敗がなくなりました。堅実な買い物をするためにも、ワンシーズンは寝かせることが大事なんです」

書籍に登場したアイテムを見せながら、長く使えるアイテム、使えないアイテムの見極め方を紹介

左から:グレーのニット/スローン ミントグリーンのニット/オーラリー オフホワイトのスカート/デミルクスビームス ベージュのスカート/ドゥーズィエムクラス チェック柄のストール・ベージュのストール/ともにドゥースグロワール(すべて本人私物)
手に持ったグレーのニット/スローン ミントグリーンのニット/オーラリー

「今回は、書籍で紹介しているアイテムを実際にお持ちしました。まずニットは、ハイゲージのものはサイズを上げることが基本となる選び方。ハイゲージのニットは体の線が出るので、いつもよりワンサイズ上げることで、きれいに着ることができるようになります。このスローンのニットの場合は、素材にシルクが入っているので、仕事のシーンにも着られるのも便利です」

「ニットは、きれいめなハイゲージに加えて、カジュアルなローゲージももっておくと幅広い着こなしが叶うからおすすめ。ローゲージニットは、あまりにザクッとしているものは子供っぽく見えるので、避ける方が使いやすいです」

オフホワイトのスカート/デミルクスビームス

「スカートはIラインでスリットが入っているものが使いやすいです。ここしばらく、ボリュームのあるトップスが流行っているので、裾ヒ広がりのAラインのスカートよりも、Iラインのスカートのほうが、全身をすっきりとしたバランスに見せてくれます。私のように小柄でも、Iラインを意識するだけでバランスよく仕上がります。また、スリットは全体を軽やかに見せてくれる効果があるんです。着丈が短いと子供っぽく見えるし、靴選びに関する余計な悩みが出てきてしまうので、長めの丈がおすすめです」

書籍には、コートからジャケット、パンツ、バッグ、靴まで、丁寧に選び方を解説!

ファッション指南本『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』には、今さら聞けないファッションの基礎知識から、仕事服をおしゃれに見せる方法、プチプラやセールとの付き合い方までをじっくりと紹介しています。ぜひお手に取っていただけるとうれしいです。

トークショーの模様は下記の動画にてご覧いただけます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mi-mollet_official(@mimollet)がシェアした投稿 -

 

 

<新刊紹介>
『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』10月9日発売
著者 川上 さやか 1450円(税別) 講談社

【目次】 「おしゃれ迷子を脱する4つの発想の転換」「おしゃれってこういうこと」など買い物以前の心得から、「プチプラ、セール活用術」「仕事服」「失敗しないアイテム選びの極意」など、ベーシックでシンプルなアイテムだけでおしゃれに見えるコツを丁寧に解説します。
スタイリストの川上さやかさんが朝、お洋服を決めるとき、どんな風に選んでいるのか? コーディネートのセルフダメ出しを実況中継! 今日の予定となりたいイメージにぴったりのコーディネートが決められる“チェックポイント”がつまびらかに!
会社員の経験に基づいた失敗しない買い物術の数々……。買ったけどあまり着てない服をつくらないための選び方、試着の際に見るべきポイント解説も。
長くスタメンとして活躍するアイテムとすぐにタンスの肥やしになってしまうアイテムはどこが違う? 着まわしやすいデザインや、お手入れの楽チンさ、流行遅れになりづらいものの見極め方などをアイテム別に徹底分析!

ヘアメイク/後藤若菜(ROI)
撮影・構成・文/高橋香奈子、川端里恵(編集部)

 

第一回「スタイリスト川上さやかさんの初のファッション指南本、刊行決定!」はこちら>>
第二回「川上さやかの初ファッション指南本“トレンドは買わない”の意味」はこちら>>
第三回「川上さやかさんのトークイベント開催!【10/27 大阪・梅田 蔦屋書店にて】」はこちら>>
第四回「川上さやかさん発!おしゃれ迷子から脱却するにはトレンドから距離を置く」はこちら>>
第五回「スタイリスト川上さやかさんの書籍の見どころはOK、NG例!」はこちら>>
第六回「自分のキャラにない色は着なくていい【脱おしゃれ迷子のルール】」はこちら>>
第七回「コーディネートのセルフダメ出しで、おしゃれの感覚を鍛える!【スタイリストのマイルール】」はこちら>>
第八回「川上さやかさん、東京でのトークイベント開催決定!【11/9 三省堂書店池袋本店にて】」はこちら>>
第九回「「スタイリストのセルフNG例」白シャツ×デニムをおしゃれにする方法」はこちら>>
第十回「【スタイリスト川上さやか】この冬買うべきコートと大人に便利なきれい色」はこちら>>