皆さん、こんにちは。

ぽかぽか陽気に恵まれた連休が終わり、いきなり季節が深まってしまった感じですね。暖かさに慣れてしまうと、ちょっと寒くなるだけで一気にか弱い人になった気分。苦笑

でも、よくよく考えると、じつはこれが通常ですよね。もう11月の下旬ですから!
この時期まで、ほとんどアウターを着ないで過ごせること自体が不思議なことです。

そう、もうアウターの季節です。

と言いつつも、今年はじつは私も全然チェックしていなくて。唯一買っていたのが、こちら。アンクレイヴのピーコートです。

 

人生初のピーコート! 中学も高校もダッフルコートで、ピーコートは着る機会がないままでした。

 

ピーコートは、硬くて、重くて、動きにくそう。というのが、正直な印象です。制服の上に着るから余計にそうだったのでしょう。でも、ダッフルコートよりもジャストサイズで着ている子が多かったからか、そんなふうに思っていました。ダッフルコートの方がサイズを考える余地があるというか、ピーコートって、自分の肩幅にきちんと合わせて着る方が可愛かったのだと思います。でも、それ故、私には少し窮屈そうに思えたのかもしれません。だから、なんとなく大人になってもダッフルコートびいきでした。


長きにわたるそんな思い込みを打ち破ってくれたのが、アンクレイヴのこのピーコート。
展示会に行って、ディレクターでライター仲間のたえちゃん(東原妙子さん)のレクチャーを聞き、そしてそのままチェックしました。

そう。これは本当に私の知らないピーコート!柔らかくて、軽やかで、ゆるっと快適!
しかも、撥水、撥油、防汚加工もされているとのこと(←たえちゃんもここを力説していました)。この機能は日常には本当にありがたい。

私はグレーを購入しましたが、他にオフ、ネイビーがあります。淡いデリケートなオフだって、この機能があるなら現実的です。

 
 

シルエットは、ヒップ下まで隠れるオーバーサイズ。ほんのりと丸みを帯びたシルエットで、肩や身頃もゆったりめ。厚手のニットや大きめトップスと合わせやすいのは意外と見過ごせないポイントです。肩に羽織っても収まりがよく、とってもバランスがいいんです。

そして、この色味。絶妙に曖昧で、洒落た感じのグレーカラー。
絵の具でこの色を再現しようと思ったら、あの色と、あの色と、あの色と……と、一体何色混ぜればいいのか。色んな色が複雑に混じり合い、なのに決して重たくない、くすみ系の色味。

ほのかにカーキ味もあって、単純なグレーよりも柔らかで、女っぽい。とても味わい深い色なのです。

こういうニュアンスカラーのアウターは、じつは持っていなくて。それも気に入った理由の一つでした。

選んだのは真夏の盛りでしたが、このコロナ禍でぐっと車でのお出かけ率が上がっていた私には、特にこの丈感のコートは大活躍するに違いないと確信しました。車で出かける日は結局身軽な方がラクだから。

 

そのピーコートに合わせ、全身もくすみ色でコーディネートしました。
ニットは、ノーク バイ ザ ラインのカシミヤニット。昨年はこっくりと深いグリーンを買い、今年はこの翡翠のような明るいグリーンを。サイズはあえて大きめの3にしてビッグシルエットにしています。デニムはアッパーハイツのもの。以前にも出てきたと思いますが、これもまた絶妙なグレージュカラー。そして足元はマルジェラのタビブーツ。ニュートラルなベージュは色を着たい時に受け止め役になってくれてとても便利。

このニットもこの冬のお気に入りアイテムのひとつです。ミントよりも甘く、きみどり色よりもクールで明るい色。パッと見てすぐに例えられない色って、ピーコート同様、あまり今まで着てこなかったなと、ふと気づきました。だからとても新鮮!いつものボトムスに合わせてコーディネートしても、パッと気分が変わります。そして、意外なほど肌にも馴染み、不思議なほど合わせやすい。これもやっぱり色構成が複雑だからこそのメリットかもしれません。

次回お届けする頃はもう12月。師走ですねー!
すでに助走が始まっているような、なんとなくもう慌ただしい気分ですが……。この寒暖差に、どうぞ皆さんも体調など崩されませんように。

では、また2週間後に。
See ya!!

松井陽子
Instagram:yoko_matsui_0628

ファッションエディター松井陽子さんの最新20ルック
▼右にスワイプしてください▼

【40代コーデ】ファッションエディター松井陽子さんの最新20ルック>>


前回記事「この冬の新しい相棒アウターは、藍で染め直した古株のカウチンセーター」はこちら>>

これまで紹介したコーディネート一覧を見る