みなさん、こんにちは。エディターの畑中です。
春本番ですね。
マスク生活がベーシックになり早一年、いい感じにメイクができたと思ったけれども、いざマスクを装着してみると、なんか顔色が悪い……。そんな経験ありませんか? 私は特に、赤リップが好きなので、マスクライフになってからは、メイク全体に覇気がなくなるようで、どうにもテンションが上がらずにいました。

が、そんな悩みを解消してくれたのが、チークでした。

チークの役割そのままに、頬に塗るのはもちろんなのですが、マスク生活になってからは、下まぶたと耳たぶにもうっすらとチークをなじませています。そうすると、顔の上半分に赤みが宿るので、マスクをしていても、“なんとなく血色感の良い人”、“幸せそうな顔”になれるのです。

この方法は、友人に教えてもらったのですが、彼女は韓流女優から学んだと言っていました。韓国の人の肌の白さが際立っているのは、赤みとのバランスかもしれないですよね。

特にグレーや黒のマスクをすると顔色が悪く見えるので、目周りチークが映える気がしますが、写真だと全然伝わりませんね(涙)。


大人の肌にフィットするのはローズ色のクリームチーク


目まわりテクニックを取り入れるようになってから、もっぱら手が伸びるのがローズカラーです。

 
PRICE スリーク フェイス N PK106 ¥3300
BRAND エレガンス
お問い合わせ先は エレガンス コスメティックス tel. 0120-766-995
 

青みが強いピンクだと、私の黄みより肌だとくすんで見えてしまいがちなのですが、野ばらみたいなローズ色って、自然に色白な印象に仕立ててくれるような気がしています。また、眉頭の下など顔の凹み部分にちょっぴりなじませると、シェーディングっぽく使えたりもするんですよね。
しかも、クリームチークなら、乾燥しやすい目もとにもバームみたいな感覚でなじませられるので、ミモレ世代にはぜひ!
 

次ページは「チークはもちろん、リップ&アイにも使えるローズ色」

エディター畑中美香が推薦する美容アイテム
▼右にスワイプしてください▼

バッグにポン!アロマディフューザーでいつでもどこでも癒しの空間に >>

美容のプロが選ぶ「プロテイン」美味しさ&コスパ目線のベスト2>>

アラフォー肌こそクリームにお金をかけるべき理由【偏愛アイテム3選】>>

マスクライフのリップメイク「リップライナーが大活躍!」>>

眉毛を研究しつくしたライターの「眉メイク」の結論とは?【#眉毛研究所】>>

【色付き下地】気になるくすみをメイクでケアする、美容エディターおすすめ3選>>

 
  • 1
  • 2