1

40代アイメイクは“脱ブラック”で一気に垢抜ける!

9

マスク生活が続く今、メイクのカギを握るのはやっぱり目元。アラフォーらしい品のよさをキープしながら、旬を感じさせるには? ヘア&メイクアップアーティスト・岡野瑞恵さんが、そのコツを2回に渡って伝授します。まずはベーシック編からスタート!
 

生き生き感こそがアラフォーを救う!

エイジングを実感するアラフォーは、メイクに迷いが生まれる世代。「目指したいのは知的で生き生きした顔。そのためには、流行をうまく取り入れつつ、年齢に合った魅力を表現して」と岡野さん。

「一般の方のメイクを見ていると、いまだに太めの眉に赤リップというパターンが目立ちます。簡単に、わかりやすいキレイさをアピールできるけれど、もっとステキに見せる方法はあるのに……とも思いますね」
では、どうすればいい?

 


重すぎず、軽すぎずのバランスで勝負


「アラフォーメイクで、『きっちり、かっちり』は禁止。目元全体に抜け感を出すことを意識して。40代の場合、アイメイクが重たいと、老けて感じられてしまいます。かといって30代みたいな、すっぴんに近いメイクでは疲れて見えるから、さじ加減が大事。コツは軽やかなカラーを選び、眉や目といった、パーツのフォルムを強調しすぎないことですね」


“脱ブラック”が旬の空気感を連れてくる


具体的には……。「眉はベタッと描かない。ボサボサもダメだけど、形をくっきりさせると、悪目立ちするので注意。また、アラフォーは、『目のキワは濃い色できちんと引き締める』が常識な世代だと思うのですが、今どきそれは古くさいし、目の生き生き感がなくなるから避けます。今回は、柔らかいグレイッシュブラウンを使いました」
さらにラインも、ブラック以外の色を選択。
「くっきり太い黒いラインは目を小さく見せるし、目元の立体感を失わせます。ブラウンなどで優しさを」

“脱引き締め”マインドと“脱ブラック”で、目元に旬の空気を呼び込んで!

モデルをつとめてくれた樹神さんは、「おなじみの色のようだけど、アップデートされてる! 濃いブラウンではなく、グレイッシュブラウンを使っているのが、いつもとちょっと違う感じでいいですね」


目標は、「生えてるみたい!」な自然な眉


では、ここからは実践編。岡野流テクをマスターすれば、たちまち今っぽい顔に。

HOW TO

1.眉山の下から描く。毛の足りない場所はペンシルで、毛がない場所はリキッドで

眉山の下は毛が抜けて、細くなっている部分。ペンシルを使い、その部分に毛を1本1本描き足す。眉山から先に描くと、山がくっきりしてしまうのでNG。
まったく毛のない箇所はリキッドアイブロウで描く。ベトッと色がのらないよう、毛の流れに沿って、軽く筆先を動かして。


2.眉頭の毛を立てて、つややかさと生命感を

クリアな眉マスカラを毛流れに沿ってオン。特に眉頭の毛を立てると、全体に立体感が生まれる。また、毛をコーティングしてツヤを与えることで、ライブ感のある印象に。


<岡野さんセレクト眉アイテムは?>

 

上から・ほのかなツヤを帯びたシースルーブラック。インディケイト アイブロウマスカラ ¥3080/セルヴォーク 筆先が細く、1本1本描きやすい。落ちにくさも魅力。キリリとしたグレー。フレーミング アイブロウ リキッド ペン 04 ¥3300/スック 六角形の芯でふわっとなめらかに描ける。ナチュラルなブラウン。アドバンスドアイデンティティ アイブラウペンシル 04 ¥3850/THREE

次ページ▶︎ アイラインとシャドウはどう入れる?

アラフォーアイメイクは脱ブラックで!
▼横にスワイプしてください▼

  • 1
  • 2