8

【山口紗弥加】赤リップが主役のミニマルメイクで、気品と強さを高める

13

「最小にして最大の効果」と話題のメイクアップ、それが、メイクアップアーティスト・水野未和子さんが提案する「ディファインメイク」。その人の骨格やパーツの形、肌の色などを生かし、その人の魅力を見つめ、深め、高める。外見だけでなく、内面の本質さえも「唯一無二の魅力」としてメイクで掘り起こし、際立たせるメソッドは、ひとりひとりが自分の顔をもっと好きになるきっかけを生みます。

そしてその応用編にあたるのが「インテンスメイク」。メイクされる本人さえもまだ出合ったことのない顔を引き出し、その人の魅力をさらに引き上げるメイクは、新たな可能性を広げてくれます。

そこで、ディファインメイク・インテンスメイクの「真髄」を知る連載企画。今回登場するのは、女優・山口紗弥加さん。ディファインメイクで山口さんの眉をディファインし、意志ある顔を強く際立たせた前回に続き、今回は一歩進み、インテンスメイクで山口さん自身も知らないノーブルな表情を引き出します。

 


前回記事
【山口紗弥加】太いわけでも濃いわけでもないのに、秘めた強さが際立つ眉とは?>>

 

MIWAKO’S MAKE-UP POINT


「山口さんという存在に引き込まれるままに、ディファインメイクで凹凸や輪郭を際立たせたら、本当の山口さんが見えた気がして。インテンスメイクでは、逆に『そぎ落とす』ことでこの魅力をもっと深めたい、強めたいと思いました。ハイライトとシェイディングで凹凸をさらに際立たせただけでアイシャドウやチークカラーを省いて、赤のマットリップを潔く。見せたいパーツをひとつに絞り込むことで、インテリジェンスを感じさせる格好よさが生まれました」(水野さん)



「引き算」による強さが際立つ、インテンスメイク。


「ディファインメイクがすでに、インテンスメイクのような印象だったので、ここから削るとどんな変化が訪れるんだろう? と、まだ見ぬ顔に恋するような、変な気分でした」(山口さん)

ここに「『裸』で来たかった」と、山口さんは言いました。
著書を始め、水野さんの情報にあえて触れずに撮影に臨んで、ゼロの状態で「体感」したかったのだ、と。
いかがでしたか? 山口さん。

「より可能性を広げてもらった気がしましたね。美しさって、ひとくくりにできないものなのだと、改めて気づかされました。この服も、普段ならきっと選ばないデザインですが、メイクに背中を押されて……着てみたい、挑戦したい、と思ったんですよね。洋服のみならず、新しい一歩を踏み出したくなるような、特別なわくわく感があります」(山口さん)

「本来なら、(前回の)ディファインメイクはもっとシンプルなんですが、山口さんと会話するにしたがって、私の『エゴ』が出ちゃって(笑)、どんどんメイクをしたくなってしまったんです。そして、ディファインメイクが完成してあの美しさを目の当たりにしたら、今度は限りなく『引き算』したくなった。山口さんにしかない魅力を赤のリップだけで表現したいと思ったんです」(水野さん)

ジレ¥59400/ルーム エイト ブラック(オットデザイン) リング¥46200、イヤカフ¥44000/カラットアー(共にイセタンサローネ)


本物の自由を知る、何にも囚われていない「顔」。


「血色を足すと、色気が前面に出すぎるので、チークを省いた」(水野さん)という、ミニマルなメイクが語り出すのは、私たちが今求めている「揺るぎない芯の強さ」と「適度に肩の力が抜けた余裕」。
インテリジェントで、ノーブルで、それでいてどこまでもヘルシーで。
そんな山口さんの新しい顔に、どきどきさせられます。

「山口さんって、よく笑うの! 一緒にいて、私まで幸せになれるくらい。その姿を見て、何にも囚われていない顔をしているなあ、って思ったんですよね。例えば、シワが怖いから笑いたくないとか、シミが怖いから外に出たくないとか、そんなふうに思いながら生きていると、そういう顔ができあがっていくと私は思っていて。山口さんはその逆で、いろいろなものを手放して自分を解き放ち、本物の自由を知っている人のように感じました。ミニマルなインテンスメイクが新しい一歩の後押しになったとしたら、すごく嬉しい!」(水野さん)

山口さんの「新しい一歩」、とても気になります。

「メイクをしていただきながら、未和子さんとお話ししていたんですが……。役者って、声を掛けていただけるまで裏方で控えていて、出番はない。それゆえ、知らない間に、どこか『待ち』の状態を作っていた気がするんです。でも、これからはもっと、発信していきたい。『これをしたい』『あんなふうにしたい』など、主体性を持って自ら動いて、仲間を創っていくような……個人ではなく、チーム戦でより強く、前進したい。仕事に対してはもちろん、人生に対しても、そんなふうに向き合えたら、と。鏡に映ったこの顔に、新たな勇気をもらいました」(山口さん)

素直で好奇心に満ちていて、だからこその、この笑顔。そして、のびのびと進化を続ける山口さんから、目が離せません。
 

次ページ▶︎ 「強さ」と「余裕」を感じるノーブル顔の作り方


表情豊かな山口紗弥加さんの写真をもっと見る
▼右にスワイプしてください▼

  • 1
  • 2