ステイホームにより、ふたたび火がついたと言われる韓国ドラマブーム。その中毒性の高さゆえ、ストーリーにハマるのはもちろんですが……なんと言っても女性を魅了するのは、見目麗しき韓国俳優たち。

当記事は、韓国料理研究家でもあるライター・小澤サチエが、韓国俳優たちのファッション事情を語ります。

大ヒットドラマ『愛の不時着』で主演を務めたソン・イェジン(39)。ファンを歓喜させたヒョンビンとの交際報道も記憶に新しいです。

彼女のInstagramなどを見ていても、その美貌は衰え知らず。むしろアラフォーになってますます美しくなっている気がします。特にここ最近のソン・イェジンは、なんだか柔らかいイメージで天使みたい。ヒョンビンのハートをも掴んだ、ソン・イェジンの天使コーデをご紹介!

愛犬と一緒に


プリーツが美しいドレスは、ドレスブランド「マリアルーシアホーハン」のもの。この投稿を見て思わず「えっ、女神ですか……?」と呟いてしまいました。

淡いピンクが、陶器のような白い肌をさらに引き立て、本当によく似合っています。以前はクールなスタイルやジャケットなどの辛口コーデのイメージが強かったソン・イェジン。気が付いたら最近はすっかり柔らかく愛らしい印象のスタイルに。やっぱり、恋の効果もあるのでしょうか……?

 

バカンスコーデのお手本に


こちらは完全プライベートと思われる、済州島に旅行したときのコーディネートです。LAブランド「ドーエン」の赤いギンガムチェックのワンピースを身にまとい、手には自身がアンバサダーも務めるブランド「ヴァレンティノ」のアトリエバッグを。

白×赤のツートーンで、華やかながらも品良くまとめたリゾートコーデは、そっくりそのまま真似したくなります。よく見ると愛犬もお揃いのギンガムチェックを着ていますね。素敵な恋人と愛犬と一緒に、リゾートアイランドでのんびり優雅なバカンス……。ああ、妄想が止まりません(この旅行は親友と行ったようですが)。


大人のパステルカラーコーデ

写真/アフロ

あまりの可愛さにファンの間で有名なのは、2019年12月、『愛の不時着』制作発表の時のコーディネート。パステルイエローのミニドレスとパステルピンクのカーディガンは「MIUMIU」、パンプスは「ジミー・チュウ」のものです。

アラフォーになってパステルカラーは若すぎるかも…?と今まで避けてきた私にとっては衝撃でした。ミニドレス1枚だとちょっと露出度が高すぎるところを、ふわふわのカーディガンを羽織ることで不思議と品のあるセクシーさに様変わり。思わず抱きしめたくなるコーディネートです。

ところでこの舞台挨拶の様子を見ると、「もうこの時点から二人は想い合っていたのかな……?」なんて勝手に想像して、ドキドキします。


我らがヒロイン“ユン・セリ”の降臨

写真/アフロ

『愛の不時着』の衣装からも、とっておきの1枚をご紹介。ユン・セリの衣装は放送当時かなり話題になり、セリのファッションを意識して真似する女子も続出したと言われています。基本的にはジャケットなどかっちりとした令嬢ファッションの印象が強かったですが、後半で登場した「ドルチェ&ガッバーナ」のフラワープリントドレスでガラリとイメージチェンジ。

ゴージャスな花柄に、大きく開いた胸元は下手すると下品になってしまいがち。しかしソン・イェジンのすごいところは、透明感が露出度を上書きしてしまうところですね。むしろ清純な雰囲気に仕上がっています。

よくよく見るとかなりボディラインが強調されていますが、実に美しいです。今年度で40歳になるソン・イェジン。「よし、自分もせめてダイエットしよう」と思わせてくれます(笑)。


以上、年齢を重ねるほど美しくなっていくソン・イェジンの天使コーデをご紹介しました。ますます彼女の魅力から目が離せません!


美しすぎる39歳。韓国女優ソン・イェジンのコーデ
▼横にスワイプしてください▼

構成/山本理沙

 

前回記事「オバサンになっても私を愛して...「彼女はキレイだった」のパク・ソジュンに抱く妄想」>>