コロナ禍で自宅にいることが増え、居住空間と向き合う時間が増えました。部屋が片づかなくて落ち着かないけれど、取りかかる心の余裕もない……そう思いつつ毎日を過ごしている方、さらにこの閉塞的な状況にイライラが増している方も、少なからずいるのではないでしょうか。ですがこのイライラ”の原因、部屋を片づけることで前向きに解決できるとしたら……? 自分で今日から始められる「片づけ」、誰でも日々行なっている「片づけ」ですが、実は、意識的に行う「片づけ」には人生を上向きにするメリットがあるんです。

そんな「片づけで人生が変わる経験」を提供している
こんまり”こと近藤麻理恵さんのメソッドを学べる「片づけの学校」より、人生を上向きにする片づけ法をミモレで数回にわたってご紹介します。


【こんまり®︎流片づけ法】
片づけとは、人生の問題に「片をつける」こと


片づけの目的は、部屋をきれいに整えることだけではありません。片づけの本当の目的は、片づいた部屋で人生の問題に「片をつける」こと。片づけ=モノを少なくする、ということとは別に、片づけは思考を整理し、大事なものを見つける手段でもあるのです。

 

必要以上のモノを持っていると、自由を奪われる。そんなことを聞いたことはありませんか? 必要以上のモノが周りに溢れていると、それによってエネルギーも時間も奪われてしまう、と。こう聞くと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、実際片づけを終えた方たちから、こんまりさんのもとに毎日のようにこんな声が寄せられているといいます。

「子どもの頃からの夢に気づき、会社を辞めて起業しました」

「ずっと迷っていた離婚にようやく踏み出しました」

「自分に自信を持てるようになったら、自然と心が穏やかになりました」

そう。片づけを終えたことで、皆さんとても前向きに、エネルギッシュに変わっていっているのです。

 

こんまりさんは、片づけできずに悩んでいる方に「片づけてどんな部屋にしたいですか?」と質問するそうですが、なかでも「結婚できる部屋にしたい」という回答が多いのだそう。実際片づけをすることで、結果的に片づけ下手を克服し、自信がついて恋に積極的になる方もいれば、部屋が片づいたことで惚れ直されてプロポーズを受ける人もいるのだとか。ある体験者は「片づけを通じて自分の気持ちを整理できたことで、結婚に結びついた」と報告してくれたといいます。どうやら片づけには「恋愛に片をつける」という効果もあるようです。

さらに興味深いのが、付き合っているパートナーとの関係にモヤモヤしている人は、皆さん共通して「未処理の書類が多い」という特徴があること。いつか目を通そうと思っている保険の書類や雑誌の切り抜き、クレジットカードの解約届など。これらをすべて片づけることで、パートナーとのモヤモヤした関係も許せなくなり、距離を置いた方もいると言います。

 
  • 1
  • 2