パリ在住のミモレブロガー大熊洋子さんが、最近お気に入りの「白髪染め」を紹介します。


今回は珍しく髪の毛にまつわるお話を。ミモレでブログ連載を始めた5年前、プロフィール写真の私は、既に定番のお団子ヘア、いや、ここはあえてフランス風にシニョンと言いたいところ。飽きもせず同じ髪型をしていて自分でも呆れるのだけれど、どんな装いにも対応してくれて、それなりにきちんとした印象を与えてくれるこのアップスタイルが私はとても気に入っているのです。それ、どうなっているの? なんてよく聞かれるのですが、意外と簡単で、ヘアゴムとUピンが一本あれば、たった1分で完成してしまうのだから都合がいい。そんな訳で、今やトレードマークになっている私のヘアスタイルは、当分変えるつもりはない、かな。目指すは黒柳徹子さんか島田順子さん!?

 

地毛は漆黒で太く、量も多い。それは若かりし頃、スパイラルパーマをかけた時、サロンにあるロットを総動員しても足りなかった、という伝説があるほどに。よって軽い印象にするために、常にブラウン系のヘアカラーをしているのです。白髪はほぼ無いけれど、一本一本が極太で目立つために、今は潔く白髪染めをオーダー。パリではコロナ渦以降、セルフヘアカラーリングで賄っています。

 

夏の一時帰国中に、ドラッグストアのコーナーでひときわ目を引いたのがコレ! サイオス オレオ クリームの白髪染めヘアカラー。

中身は良くあるタイプのキットで、①材と②材のチューブ、刷毛とコーム、ビニール手袋。チューブをよく見るとハングル表記があるので調べてみたら、韓国でも人気商品なのだそう。サイオスは1977年に日本で生まれたミモレ世代。世界43ヵ国で展開されているんだって。
 

私はベージュ系の中で一番明るいカラー( クリスタルベージュ 1B)を使用しておりますが、もっと明るくても良いかな? と思っているくらいの控えめな仕上がり。冒頭の写真をご参考下さいね。いかがでしょう? 良い色だと思いませんか? 「オイル美容」の発想から作られた商品とのことで、使用後の髪質はしっとりツヤツヤ。宣伝文句の通り、髪ツヤが10%アップしたような気がして大満足です。はい、もちろんまとめ買いをして数箱パリに持ってきました。フランス滞在中の心強い味方が出来て嬉しく思っています。

ダンスレッスンの帰り、深夜のマレ地区を通ったら、リヴォリ大通りが通行止めに。クリスマスのデコレーション作業が行われていました。シャンゼリゼも今週からライトアップが始まっています。絶賛節電キャンペーン中の今年のイルミネーションは、点灯時間が短縮になっているそうです。
 

構成/幸山梨奈
 

大熊洋子さんの最新ルック
▼右にスワイプしてください▼


前回記事「【パリの秋コーデ】人気の「ロングジレ」にガーリーな「ロングワンピース」に合わせて優しい印象で」はこちら>>

これまで紹介したコーディネート一覧を見る