1

40代のすべての肌悩みに即効!自分で作れる「フレッシュな万能乳液」

14

年齢を重ねるとお手入れの仕方も変わって当然……頭ではわかっているものの「何をどうしたらいいのかわからない」という人が多いのでは? そこで、女優やタレントさんから絶大な信頼を得ているヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さんに40代のお手入れ法を聞いてみたところ、超がつくほど簡単な方法を教えてくれました。

大草 直子

化粧水とオイルを混ぜるフレッシュ乳液

年齢を重ねると肌コンディションが下がってしまうんですよね。その原因もひとつじゃないでしょ。乾燥やくすみ・シミ・シワ……最近ではマスクの影響で肌荒れしている方も増えているし。
叶うことならいっぺんに全ての肌悩みを解決したいところだけど、それもなかなか難しいですよね。40代のお肌の曲がり角は本当に大変なんです。

「何をどうしたらいいのかわからない」という悩み、私自身もそうだったのでよくわかります。でも、お手入れの基本は全て「保湿」に行き着きます。適度な水分と油分のバランスを自分の肌の調子に合わせてたっぷり含ませてあげてください。
そこで「どんな時でもキレイが叶う万能乳液」をご紹介します。化粧水とオイルを手のひらで混ぜてフレッシュな乳液を作る、超がつくほど簡単なスキンケア法です。

普段は「Make It &Co.(メイク イット&コー)」のオイルをブースターとして使用しているのですが、ある日、化粧水と混ぜられることを知り、実際やってみたらすごく良かったんです。

オイルの量は肌質はもちろん、今の肌状態に合わせて変えることも可能。例えば朝はメイクもするためさっぱり少なめで、夜は潤いたいからしっとり多めなど、好きなようにカスタマイズできるんです。
手のひらで作るできたてのフレッシュ乳液。肌表面に1枚ヴェールが作られるので潤いも逃げていかないし、この方法でお手入れすると肌の調子がぐんぐん上がっていきました。油分の調整はカスタマイズできるからベタつきもなく、気持ちよく使えますよ。

おすすめのオイルは「Make it&Co.」の他に「ジュリーク」や「ドゥ・オーガニック」など植物由来のものを使うと化粧水と混ぜ合わせた時、乳化が早いんですよね。
お手持ちの化粧水にこのオイルを混ぜるだけの簡単&フレッシュな乳液。
ぜひ、お試しを!

  • ① 洗顔後、手のひらに化粧水を適量取り出して
  • ② オイルを数滴足すと乳液状態に。肌の調子や好みに合わせて調整を!
  • ③ 後は顔全体に塗るだけ。時短コスメとしても役立ちます



赤松さんのおすすめアイテム

クレンジングから洗顔、保湿までこれひとつでスキンケアが完成。Make it&Co. フェイス&ボディウォッシュオイル シトラス  200mL ¥6930(ポンプは別売り)/Make it&Co.
 

 

赤松 絵利
ESPER代表/ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌・広告・ヘアメイクプランナーとして活躍。 蒼井優、綾瀬はるか、多部未華子、常盤貴子、松岡茉優(敬称略、五十音順) など多くの女優を担当。著書『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書』(講談社)


撮影/目黒智子
取材・文/長谷川真弓
出演/片岡千晶(編集部)
構成/片岡千晶・國見 香
 

第2回「真夏でも日やけ止めが落ちない裏ワザ、今すぐ取り入れて!」>>
第3回「真夏の汗ダクダクにメイク崩れを防ぐスキンケアのひと手間」>>
​第4回「シミを意図的に隠すコンシーラーの塗り方。大きいシミには意外な裏技も!」>>

​第5回「毛穴の目立ちを今すぐ解消するテクニックとは?」
​第6回「湿度の高い夏でもパンダ目にならない方法」
​第7回「赤松さんの一生大切にしたいメイクアイテム大公開!」
​第8回「赤松メイクを支える一生モノのツールとは?」
​第9回「夏でも要注意! 万年乾燥肌を解消するワンテクニックとは?」
​第10回「40代必見! 1分でたるみが解消する簡単マッサージ」
​第11回「ちょっと気になる薄毛の隠し方テクニック」
​第12回「若見えする眉のテクニックとは?」