10

たった1分でたるみ予防!女優もやっている簡単マッサージ

22

シミ・シワに続き、大人のエイジング悩みといえば、「たるみ」。目の下・口元・フェイスラインのたるみ悩みは、このコロナ生活でさらに拍車がかかっているとか。
「特にたるみケアは、毎日のケアをするか・しないかで、大きく変わります。空いた時間を使って引き締め&リフトアップを心掛けると、若々しい顔立ちになりますよ」とヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さん。
今回は目元とフェイスラインをキュッと引き上げる、簡単マッサージを紹介します。
 

たるんだフェイスラインがすっきり! 1分マッサージ


フェイスラインがもたつく原因のひとつに、首と肩のコリがあります。肩コリはフェイスラインを引き下げてしまうので、それを元に戻す必要があります。肩や鎖骨の奥にある筋肉を意識して、呼吸をしながらゆっくりとストレッチしましょう。リモートワークで長時間パソコンを見ている人にもおすすめです。

① 胸に手を当てて深呼吸をしながらアゴをゆっくりと10秒くらい引き上げる。
 アゴを上げたまま、顔を右側に向け左の首筋を伸ばす。顔を中央に戻し、今度は左側に向けて。ゆっくり10秒ずつこれを左右5回くらい伸ばしてみて。
 


視界もすっきり! 目元のたるみがすっきりする1分マッサージ


目のたるみを解消するには、目まわりにある筋肉をほぐし、めぐりを良くすること。目の筋肉はクロスしているので、8の字に描きながらマッサージするのが効果的です。スキンケアのお手入れの最後におこなうと、目の疲れやむくみもなくなってすっきり!
どちらのマッサージも時間をかけずにいつでも・どこでもおこなえるので、是非、取り入れてみてください。

① 8の字を描くように額をマッサージ。必ず眉頭を通過するように大きく描くのがポイント。10回くらいを目安にして。
After  
目の輪郭がすっきりして目も開けやすく、まばたきも楽に。

 

赤松 絵利
ESPER代表/ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌・広告・ヘアメイクプランナーとして活躍。 蒼井優、綾瀬はるか、多部未華子、常盤貴子、松岡茉優(敬称略、五十音順) など多くの女優を担当。著書『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書』(講談社)


撮影/目黒智子
取材・文/長谷川真弓
出演/片岡千晶(編集部)
構成/片岡千晶・國見香


第1回「40代のすべての肌悩みに即効!自分で作れる「フレッシュな万能乳液」」>>
第2回「真夏でも日やけ止めが落ちない裏ワザ、今すぐ取り入れて!」>>
​第3回「真夏の汗ダクダクにメイク崩れを防ぐスキンケアのひと手間」>>
​第4回「シミを意図的に隠すコンシーラの塗り方。大きいシミには意外な裏技も!」>>
​第5回「毛穴の目立ちを今すぐ解消するテクニックとは?」>>
​第6回「汗だくの真夏でも「パンダ目」にならないマスカラの塗り方とは?」>>
​第7回「赤松さんの一生大切にしたいメイクアイテム大公開!」>>
​第8回「人気ヘアメイクの3種の神器「髪が変わるすごいブラシ」とは?」>>
​第9回「真夏でも深刻な乾燥肌に。オイルと乳液で作る「即効クリーム」の作り方」>>
​第11回「頭頂部、生え際...気になる薄毛「3つの隠し方&おすすめアイテム」」>>
​第12回「大人の眉毛の描き方「眉尻が長いと老け見えに!」」>>