3

真夏の汗ダクダクにメイク崩れを防ぐスキンケアのひと手間

8

夏のメイク崩れ対策「スキンケア編」。「土台となる肌のコンディションを整えることも大事」と語るのはヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さん。お出かけ前のひと工夫で肌の仕上がりが全然違うというのであれば、ぜひ、参考にしたいもの。目からウロコのスキンケアテクニック、早速、教えてもらいました。

大草 直子

夏仕様のスキンケアに変えていますか?


年々、暑さが増しているように思いませんか? さらにこのマスク生活。肌への負担はかかっていますよね。さて、この状態をいかに軽減するか……今回はメイク汚れを防ぐ、簡単スキンケア法を紹介します。
まず、メイク崩れの原因が何かというと、「毛穴」にあります。スキンケアで毛穴を引き締め、崩れにくい肌作りを意識することはとても大事。例えば、収れん効果のある化粧水や保湿バランスを整えたコスメが効果的。この季節は冷蔵庫で保管しておくのもよいでしょう。

そして、以前、紹介しましたが、化粧水をスポンジに含ませ、そのまま冷凍庫で凍らせるのもおすすめ。適度に固まったスポンジを使ってパッティングをします。毛穴も引き締まるし火照った肌もひんやり、メイク乗りも良くなって、まさに一石二鳥なんです。



毛穴を引き締めるには冷蔵庫を有効活用!

冷蔵庫に入れておいた化粧水で肌をパッティングしながら毛穴を引き締めるのも効果的。
1.スポンジに化粧水をたっぷり含ませ、ラップで包んだら冷凍庫へ。スポンジは厚みのある物を選んで。
2.キンキンに冷えたスポンジで軽くパッティング! 朝はスポンジの2個使いがおすすめです。小鼻の周りなどもスポンジがフィットしてまんべんなく保湿&冷やせます。
 


赤松さんのおすすめ化粧水

肌のモイスチャーバランスを整える薬用化粧液。RMK バランス スキンコンディショナー 【医薬部外品】 150mL  ¥4400/RMK Division

 

赤松 絵利
ESPER代表/ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌・広告・ヘアメイクプランナーとして活躍。 蒼井優、綾瀬はるか、多部未華子、常盤貴子、松岡茉優(敬称略、五十音順) など多くの女優を担当。著書『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書』(講談社)


撮影/目黒智子・長谷川真弓
取材・文/長谷川真弓
出演/片岡千晶(編集部)
構成/片岡千晶・國見 香
 

第1回「40代の肌悩み解消に!自分で作れる「フレッシュな万能乳液」」>>
第2回「真夏でも日やけ止めが落ちない裏ワザ、今すぐ取り入れて!」>>
​第4回「シミを意図的に隠すコンシーラーの塗り方。大きいシミには意外な裏技も!」>>
​第5回「化粧下地にオイル!毛穴の悪目立ちを今すぐ解消するメイク&スキンケア法」>>
​第6回「汗だくの真夏でも「パンダ目」にならないマスカラの塗り方とは?」>>
​第7回「女優から指名される人気ヘアメイクが「一生大切に使いたい」メイクアイテムを大公開!」>>
​第8回「人気ヘアメイクの3種の神器「髪が変わるすごいブラシ」とは?」>>
​第9回「真夏でも深刻な乾燥肌に。オイルと乳液で作る「即効クリーム」の作り方」>>
​第10回「たった1分でたるみ予防!女優もやっている簡単マッサージ」>>
​第11回「頭頂部、生え際...気になる薄毛「3つの隠し方&おすすめアイテム」」>>
​第12回「大人の眉毛の描き方「眉尻が長いと老け見えに!」」>>