2

真夏でも日やけ止めが落ちない裏ワザ、今すぐ取り入れて!

13

梅雨明けも間近、今年も暑い夏がやってきます。
最近の真夏メイクの悩みといえば、汗・皮脂によるメイク崩れ。しかも紫外線から肌を守りたいのに「日やけ止めが崩れてしまう」という悩みを多く聞きます。
ヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さんに、日やけ止めが落ちない方法を教えてもらいました。
 

大草 直子

フェイスパウダーを制するもの、敵なし!


日やけ止めを崩さず、いかに肌にキープさせるか。最近は機能性の高いUVケアアイテムもたくさん登場していますが、この暑さでは限界がありますよね。だからって諦めてしまうではなく、日やけ止めを落とさない方法……最新のフェイスパウダーがおすすめです。

フェイスパウダーといえば、ファンデーションのテカリを防いだり、マスクの肌荒れ予防対策として目の下にぽんぽんと軽くつけることをおすすめしていますが、今回は日やけ止めをしっかり定着させるためのテクニックです。

 

乗せ方のコツは、「押さえずにタッピングする」こと。ポンポンと叩きながら乗せるとしっかり定着します。目の周りはパフを半分に折ってキワまでポンポン載せてください。エトヴォスのプレストパウダーは外出先でも簡単にメイク直しが可能なので便利。マスクを外さない日はUV効果のある化粧下地とフェイスパウダーのみでもOKですよ。

最新のフェイスパウダーは余分な皮脂を吸着する機能も備えているため、使わない手はないんですよね。コロナ禍ではメイクの負担を軽くするため、ファンデーションの代替えとして色付きのフェイスパウダーを使用するのもアリ。ポイントは「薄く・軽く」が鉄則です。
日やけ止めを定着させたいけど、粉感が悪目立ちしてしまうと、一気に老け顔に。「薄く・薄く」を心がけましょう。

 



赤松さんのお気に入りのフェイスパウダー4選

UV機能が高いと頼もしい。ほのかな血色感を演出するピンク。
MiMC ナチュラルホワイトニングミネラルパウダーサンスクリーンSPF50+・PA++++/ポンポンタイプ クリアピンク ¥6930/MIMC
その名の通り、肌の上に1枚ベールをのせたような軽い仕上がり。
ミネラルUVベール SPF45・PA+++ ¥3850 限定発売中/エトヴォス
赤みによる色ムラが気になる時に。粒子の細かいルーセントパウダー。
ITRIM エレメンタリーフェイスケアパウダー Ouka 11g  ¥9680/ITRIM

 

赤松 絵利
ESPER代表/ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌・広告・ヘアメイクプランナーとして活躍。 蒼井優、綾瀬はるか、多部未華子、常盤貴子、松岡茉優(敬称略、五十音順) など多くの女優を担当。著書『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書』(講談社)


撮影/目黒智子
取材・文/長谷川真弓
出演/片岡千晶(編集部)
構成/片岡千晶・國見 香
 


第1回「40代の肌悩み解消に!自分で作れる「フレッシュな万能乳液」」>>
第3回「真夏の汗ダクダクにメイク崩れを防ぐスキンケアのひと手間」>>
​第4回「シミを意図的に隠すコンシーラーの塗り方。大きいシミには意外な裏技も!」>>
​第5回「化粧下地にオイル!毛穴の悪目立ちを今すぐ解消するメイク&スキンケア法」>>
​第6回「汗だくの真夏でも「パンダ目」にならないマスカラの塗り方とは?」>>
​第7回「女優から指名される人気ヘアメイクが「一生大切に使いたい」メイクアイテムを大公開!」>>
​第8回「人気ヘアメイクの3種の神器「髪が変わるすごいブラシ」とは?」>>
​第9回「真夏でも深刻な乾燥肌に。オイルと乳液で作る「即効クリーム」の作り方」>>
​第10回「たった1分でたるみ予防!女優もやっている簡単マッサージ」>>
​第11回「頭頂部、生え際...気になる薄毛「3つの隠し方&おすすめアイテム」」>>
第12回「大人の眉毛の描き方「眉尻が長いと老け見えに!」」>>