6

【坂井真紀】メイクを脱いだ顔が語る、気持ちいい心の余裕

14

「最小にして最大の効果」と話題のメイクアップ、それが、メイクアップアーティスト・水野未和子さんが提案する「ディファインメイク」。その人が持つ本質を見つめ、深め、高めて「唯一無二の魅力」を際立たせるそのメソッドは、ひとりひとりが自分の顔をもっと好きになるきっかけを生み、可能性を広げてくれます。そこで、ディファインメイクの「真髄」を知る連載企画。今回登場するのは、女優・坂井真紀さん。ディファインメイクが掘り起こす、坂井さん自身も知らない本当の顔、そして、誰も見たことのない新しい顔とは? 水野さんが坂井さんの未知なる魅力を掘り起こします。

ロングTシャツ¥9350、タンクトップ¥7150/共に ハイク(ボウルズ) デニム¥29700/ニアーニッポン(ニアー) ブレスレット(太)¥53900、ブレスレット(細)¥39600/共にリューク


メイクを脱いだ顔が語り出す、余裕、余白、余韻……


ディファインメイク、インテンスメイクを経て、メイクを潔く脱いだ坂井さんの顔は、みずみずしくて軽やかで、でも圧倒的な存在感に満ちていました。

「この表情を見て、ああ、メイクなんて必要なかったじゃない!? と思いました。メイクアップ アーティストの私がそれを言ったら、元も子もないんですけど、ね(笑)。映像や写真を通じてずっと見ていた、そして、一日一緒に過ごして感じた、坂井真紀という人の『気持ちよさ』を、この一枚が語り出している気がします」(水野さん)

重ねてきた経験が、表情に記憶される。だから、大人の顔は、すなわち、自分が創り上げてきた顔。モノクロの写真は、それを雄弁に語ります。坂井さん、いかがですか?

「『私って結構、穏やかな顔じゃない?』と自画自賛(笑)。この写真を見て……、なんだかほっとしました」(坂井さん)。

メイクを脱いだ坂井さんの顔に漂うのは、余裕、余白、余韻。坂井さんの心にある「余」が触れ合った人を受け止め、包み込むから、私たちは坂井さんにこんなにも惹きつけられるのでしょう。そして、改めて聞いてみたい、坂井さんにとっての「メイクの力」。

ディファインメイク、インテンスメイクを施した坂井さん

「メイクって、シンプルに気持ちが上がりますよね。私はもともと『構わない感じ』が好きなんですけど、大人になるほどにそうもいかないのを感じていて。眉をささっと整えるだけでもいいし、カラーのアイラインに挑戦するのもいい、もちろんスキンケアを丁寧にするのもいいと思うんです。ほんの少しの努力は、女性としての醍醐味だし、楽しんでいいんじゃないのかな? と。それによって、姿勢が変わる、生活が正される、そんな気がします」(坂井さん)

 


学びを伝え、与える……、それが年齢を重ねた人の使命

〈坂井さん〉ワンピース¥60500、クロップトップ¥45100、イヤカフ(長)¥9350、イヤカフ(短)¥16500/全て ハイク(ボウルズ) 〈水野さん〉衣装は全て本人私物

年齢を重ねるほどに、輝きを増していく坂井さんの「これから」が気になります。

「私、50歳になったとき、正直、『えーっ、50歳って、まだ頑張んなきゃいけないんだ』と思ったんですよね。もっとのんびりできてるだろうって、想像していたんですけど。ただ、よくよく考えてみたら、終わりまでのんびりしない人生のほうが幸せなのかもしれない、と思って。じゃあ、まだまだ頑張るぞって気持ちが切り替わりました。そして今、思うのは、勉強することを諦めたくないということ。自分が貪欲に学び、できることならそれをさらに人に伝えたり与えたりしたい。それが、年齢を重ねた人の使命だと思うから。この年齢になっても、まだまだ初めてのことがいっぱいありますし、これまで生きてきていろいろなものを見聞きしてきて、さあ、これから。きっとこれまでとはまた違った風景が広がっている気がして……。年齢にとらわれず、自分のインプットを忘れないで生きていきたいですね」(坂井さん)

「年齢を重ねてからのほうが、楽しめますよね。私自身も、若いころは余裕がなくて、楽しむよりももっともっと手前で、『超える』ことだけに必死、みたいな。傍から見て、坂井さんは今まで、手放すものは手放し、そぎ落とすものはそぎ落とし、結果、揺るぎない自信を得たんですよね。ようやく楽しめる時期に来た坂井さん、これからどんな可能性を見せてくれるのか、とても楽しみです」(水野さん)

委ねることの愛おしさを知る坂井さんには、これからも「新しい顔」が無限に生まれるはず。それが、私たちが坂井さんにまた会いたくなる、何度も会いたくなる理由!

MIWAKO’S MESSAGE


もともと「構わない感じ」が好きだとおっしゃった坂井さん。その言葉からも坂井さんらしさが見える気がしました。する、しないも含めて、どんなメイクをするかというチョイスがその人となりを語り出すのだと思います。私はメイクをするとき、その人がどんなふうに生きているかを汲み取らなければ、何を選び、何を省いて、どんな顔に仕上げるかが定まりません。「その人らしさ」に属したメイクじゃないと、美しさは生まれないと思うから。ほかの誰でもなく、自分が創り上げた顔。それは、今を生きている自分の象徴。だから、堂々と生きている人の顔は、メイクなんてなくても、美しいはずなのです。メイクに迷う前に、まず、自分の顔をじっくり見つめてほしいと思います。今の自分は、たくさんの経験を生かして、いい顔で笑っているかな? と。坂井さんの言う「少しの努力」はきっと日々の生活にあるはず、そんな気がします。

水野未和子   
   


透明感溢れる坂井真紀さんの写真をもっと見る
▼右にスワイプしてください▼

坂井真紀

女優。1970年生まれ。東京都出身。モデルとしてキャリアをスタートさせたのち、1992年にドラマデビュー。その後も数多くのドラマや映画、舞台に出演。幅広い役柄をこなし、存在感を放っている。映画『鳩の撃退法』が8月27日より全国公開。【Instagram】@sakaimaki_of

水野未和子

メイクアップアーティスト。オレゴンに留学後、イギリスに渡り、London College of Fashionでメイクアップを学ぶ。卒業後、フリーランスのメイクアップアーティストとしてロンドンでキャリアをスタートし、帰国後は多くの雑誌、広告、CMなどを手がける。人によって違う、その人だけの魅力をディファイン(明確に)するメイクに定評があり、数々の女優やモデルが厚い信頼を寄せる。【Instagram】@mizuno.miwako

 

<書籍紹介>
『ディファインメイクで自分の顔を好きになる
“私だけの魅力”が絶対見つかる自己肯定メソッド

著 水野未和子
定価 1400円(税別)
Kindle版も配信中!
講談社

楽天で購入はこちら>>
Amazonで購入はこちら>>

数々のファッション誌や広告で女優やモデルのメイクを手がけているメイクアップアーティスト、水野未和子さん。水野さんのメイクの特徴は、人によって違う、その人だけの魅力をディファイン(明確に)すること。何かを隠すのではなく、誰かのようになるのではなく、「自分になる」メイクです。この本では、あらゆる年代、あらゆる属性の誰もが自分の魅力を底上げできる「ディファインメイク」の考え方と、そのメソッドを詳しく紹介します。


メイク/水野未和子(3rd)
撮影/目黒智子
モデル/坂井真紀
ヘア/林カツヨシ(Jill)
スタイリング/梅山弘子(KiKi)
取材・文/松本千登世
構成/中田絢子


第7回:8月4日公開予定
第8回:8月11日公開予定
第9回:8月18日公開予定

第1回「蛯原友里の現在。可愛いの枠を超えた、魅力を掘り起こすメイクとは?」>>
第2回「芯の強さと色気を併せ持つ、蛯原友里のもうひとつの顔」>>
第3回「【蛯原友里】『家族』という帰る場所があるから、全てを脱ぎ捨てて先へ進める」>>
第4回「「すべてを委ねる」のが楽しかった。柔軟性と強さ見せた坂井真紀の新しい顔」>>
第5回「【坂井真紀】圧倒的な存在感を放つ「女の深み」を感じるメイク」>>