あなたは自分の「月星座」を知っていますか?【月星座とは】

 

「月星座」が教えてくれるのは真実のあなた、天賦の才能、引き寄せ力……可能性 のすべて。
記事の最後に【月星座別・引き寄せアドバイス】があるのでぜひチェックしてください。
 

 

「何座生まれ?」ときかれて、あなたはどう答えるかしら。
 

たとえば、5月15日に生まれの人は「牡牛座です」と答えるでしょう。

でも、「月星座」はそうじゃない。

 

「月星座」とは、あなたが生まれた瞬間に月がどの星座(サイン)を運行していたか。

同じ5月15日生まれでも、月星座が双子座の人もいれば、魚座の人もいる。
これは、月の動きが太陽よりもずっと速いからなのね。

ご自身の月星座をご存知ない方は上のバナーをクリックして下さい

海外生まれの場合、Keiko英語版サイトへ!>>

アカデミー会員限定早出し! 「Keiko月星座占い」>>

 

一般的に、「私は○○座」というときの○○座は誕生日でわかる太陽星座のこと。
 

でも私が注目するのは「月星座」。
なぜって開運トリガーの宝庫は「月星座」だから。

 

「太陽星座」はどちらかと言うと人生の宿題。

社会的な面や人生の課題といいた表面的な部分です。

「太陽星座」が表す課題は全員がやる必要はないと、と言うのが私の考え。
「月星座」はすでに持って生まれた可能性の塊だから、
「月星座」を生かす方がスピーディで無理がない上に、結果もついてくる。

 

「地の時代」の画一的な価値観から、「風の時代」の個性重視の価値観 へと変わった今、
「月星座」の重要性は高まるばかり。

さらに、男性の「月星座」は最終的に求める【理想の妻】を表します。
気になる彼へのアプローチも「月星座」を知っておけば楽々クリア♪

 あなたの「月星座」から読み解く引き寄せ力は?

 

ご自身の月星座のマークを選んでクリックして下さい。 

月星座占いが毎日届きます