断捨離エディターの昼田です。
今日は、先日ご紹介した「HITOYOSHI(ヒトヨシ)」の白シャツを使った着こなしをご紹介します。


コーディネート①
シャツ+デニム

 
シャツ¥12100/HITOYOSHI(ファクトリエ) デニム/ユニクロ メガネ/モスコット ネックレス/ミキモト ストール/アソースメレ×ロンハーマン パンプス/オデット エ オディール

いつものデニムに合わせて。すっごくシンプルな格好なんですけど、これが成立するのは、やっぱり「いい白シャツ」だから。きれいな襟、華やかさのある素材、カフスの美しさのおかげできりっとしたイメージに。

 


コーディネート②
シャツ+きれいめパンツ

シャツ¥12100/HITOYOSHI(ファクトリエ) ベルト・パンツ/ロエフ ピアス/ヴィンテージ シューズ/ザラ

きれいめのパンツでマニッシュに着こなしてみました。


コーディネート③
シャツのボタンを上まで留める

シャツ¥12100/HITOYOSHI(ファクトリエ) ニット・デニム/ユニクロ

襟まわりがきれいだからできる、全部ボタンを留めたスタイル。


コーディネート④
シャツ+ニット

 
シャツ¥12100/HITOYOSHI(ファクトリエ) ニット・デニム/ユニクロ  コート/ハイク

全部ボタンを留めて、カシミヤニットを重ねてみると、ちょっときちんと感あるカジュアルスタイルに。


シャツは堅苦しい印象があるかもしれませんが、私にとっては一番「ラク」なアイテムです。だって、シャツを着て失礼なシーンってないんです。仕事の打ち合わせ、お出かけ、子供の行事……どのシーンでもシャツはOK。つまり、シャツを着ておけばなんとかなるわけです(笑)。毎日のコーディネートを考えるのが面倒な私は、シャツにとても助けられています。ぜひご参考になりましたら!

辛口カジュアル派昼田祥子さんの着こなしを見る
▼右にスワイプしてください▼


撮影・スタイリング・出演・文/昼田祥子
構成/出原杏子

 

第1回「ニット3枚、靴は3足あればいい。断捨離クローゼットの中身とは?」>>
第2回「断捨離クローゼットを維持する、こだわりのセルフケアアイテム5選」>>
第3回「断捨離エディターが洋服を長持ちさせるために使っている「洗剤」と「ハンガー」は?」>>
​第4回「冬は「ユニクロ」2枚とコートあればいい!ファッションエディターの結論とは」>>
第5回「ミニマムワードローブで作るON&OFFコーデを拝見!」>>
第6回「【最高気温0度ファッション】雪の日もゲレンデもOK「ベスト防寒アイテム5」」>>
第7回「【ユニクロニット】プチプラなのに買ったときよりも好きに。着回し術とお手入れ方法」>>
第8回「断捨離後の愛用パンツ。「ユニクロ」から「ZARA」に乗り替えた理由とは?【GWに何しよう】」>>
第9回「年齢を重ねたからこそ着たい「メンズ服」の取り入れ方【ファッションエディター昼田祥子さん】」>>
第10回「シャツなら”無印良品”。あえて「メンズ服」を選ぶおすすめブランドとは?」>>
第11回「無印、ユニクロ...メンズ服は何を選んで、どう着る?【ファッションエディター直伝!】 」>>
第12回「この夏に推す「Tシャツ&デニム」3選。シンプルなのに雰囲気のでる着こなしとは?」>>
第13回「【ユニクロ】断捨離エディター絶賛!「美シルエットで高見え」の新作パンツ着こなし4選」>>
第14回「シャツオタクの断捨離エディターが「マディソンブルー」と「ヒトヨシ」の白シャツを愛する理由」>>