3

私が電通から占星術家に転身した理由と200年ぶりの大変革「風の時代」【Keiko】

0

4. 「月星座」に注目が集まること
=世界が優しさのほうに向かっている

 

編集部 今、世の中がどう変わるかわからないまさに暗中模索といった期間がしばらくは続きそうですが……。こんなときこそ、なにかアドバイスはありますか?

 

Keiko 地の時代が終わって、風の時代に入りますよね。すると、地の時代に通用した肩書き、学歴、資産、財産といったものは、さほど意味をもたなくなってきます。その代わり、個人としての個性と魅力が問われ、その人がもつ情報、人脈、経験、体験が重視されるようになる。価値観が変わるのね。もちろん、一夜にして変わるわけではありませんが。

実際、今の天空図を見ていると、地と風の勢力が拮抗していて、この2つが並走しているのがわかります。バトンタッチの期間なのね。こういう時期は私達も不安定になるし、膿出し現象が起こる。あらゆる分野でね。
とはいえ、個人主義に向かう流れは変わらない。個人の能力、魅力、伸びしろ、引き寄せ力がモノをいう時代になる。それらはすべて、その人の月星座に表れます。太陽星座が後天的に身につける能力だとすれば、すでに持って生まれた能力を表すのが月星座ね。

月星座とは、生まれた瞬間に月が位置していた星座のこと。いわゆる一般的な星占いは太陽星座に注目した占いなんですが、太陽星座が教えてくれるのは、今世取り組むべきテーマや課題。だから、開運にはあまり関係ないんですよ。でも、月星座は「生まれつき与えられている才能や適性」を教えてくれるもの。月には「引力=引き寄せ力」があるでしょ。だったら、私達自身の月星座にも引き寄せ力があって当然。願いを叶えてくれるのは、月星座のほうなんです。
努力を否定するわけじゃない。人間、努力も大事です。でも、もともと持っているものを活かすほうがスムーズだし、何より、成功率が高い。とくに、風の時代は個性がモノをいう時代だから、「努力すれば何とかなる」ってものでもないんですよ。もって生まれたものを使ってこそ、努力は活きるのであって。
それと、“好き”という感覚も大事。好きという本能的な感覚も、月星座が司るもの。好きなことがわからないという人は、ご両親が躾に厳しかったというケースが多いですね。好きという感情は、内側から湧き上がってくるもの。わざわざ探し出すものじゃないんです。ソウルメイトも同じこと。“見つからない”というけれど、見つける必要もないんです。ソウルメイトは見つけるのではなく、引き寄せるの。自分の波動を高め、感度を研ぎ澄ませていれば、必要なものは向こうからやってきますよ。

編集部 そのとき、月星座がヒントになるというわけですね? 

Keiko そう。その人が生まれもった適性や感性は、すべて月星座に表れていますから。自分の「引き寄せ力」を教えてくれるものなんて、月星座以外にないでしょうね。今の仕事が自分に向いてるのか、向いていないのか。この判断ってすごく簡単なんですよ。向いていたら、褒められるし、評価される。周りも協力的で、居心地がいい。周囲の反応を見てれば一目瞭然なんです。逆に、向いていなければ、頑張っているのに評価されないということが起こってくる。いつもミスをしてしまう、何かとトラブルが起こる、体調を崩したままよくならない……といった具合ね。

編集部 その“サイン”に気づくためにも、普段から感性が磨いておく必要がありますね。 

Keiko そうですね。「嫌いな仕事をすることは、魂を傷つけることにほかならない」という言葉は、本当にその通り。 自分の“引き寄せ力”と“魂が満たされる方法”を教えてくれる月星座は、とても有意義な道具だと思います。

【Keikoさん初のオンラインイベント開催決定!】 10月31日(土)14時~>>

 


「POWER WISH ANCHORING CARDS(パワーウィッシュ アンカリング カード)」って?


編集部 直感を磨くカードとして発売された「宇宙のサインを読み解く POWER WISH ANCHORING CARDS(パワーウィッシュ アンカリング カード)」は、どんなふうに使えば効果的でしょう? 

ウェブで試したい方はこちらから!>>

Keiko 特にルールはありません。悩みに対する答えを聞いてもいいですし、パワーウィッシュを書く前に、ヒントを得るために引いてみるのもいいでしょう。叶ってないパワーウィッシュがあれば、その理由もカードが教えてくれるの。凝り固まった頭をほぐすエクササイズにもなりますね。

レッスン講座はこちら!>>
 

写真/shutterstock
文/藤本容子

 

第1回「心理占星術家・鏡リュウジさんに聞く「占星術の魅力」と風の時代(前半)」>>
第2回「心理占星術家・鏡リュウジさんに聞く「占星術の魅力」と本場イギリスでの学び」>>

第4回 「食べ方を変えたら、生き方も変わる」。風の時代に運を開いていく食べ方とは? 【開運ごはんレシピ付き】>>
第5回 「風の時代はおうちをパワースポットに!住環境を見直すと人生が変わる【風水建築】」>>
第6回 「風の時代の開運3大要素は、「感謝」「先祖供養」「吉方位」!【占い師・木下レオン】」>>
第7回 「自分の言葉で語ることが「風の時代」を生き抜く前提【占星術家・新里ひろきさん】」>>