マンションのバスルームには窓がないところも多いので、換気は絶対!です。

師走となり、そろそろ大掃除の時期。今年はSTAY HOMEのため、家で過ごした時間がいつもより長かったという人も多いかと思います。生活時間が長ければ、家が汚れるのも当たり前。キッチンもトイレもお風呂も、フル回転で活躍してくれた場所は、いつもより念入りに掃除する必要があります。今回は忙しい現代人のため、家の2大水回り「キッチン」と「お風呂」の効率的なお掃除方法を教えてもらいました。

 


前回記事
「【年末大掃除】「キッチン」の油汚れをピカピカに!簡単プロの技3つ」はこちら>>


教えてくれたのは、プロの掃除家として有名人を多く顧客に抱える大関優子さん。

大関優子さん

家事掃除研究家
主婦業の経験を活かし、2007年より個人の自宅、オフィス、セカンドハウスのハウスキーパーとして、毎日、毎週、毎月、半年など時期を区切ったハウスキーピング術をフルオーダーで管理指導することを得意とし、著名人の指名が殺到する人気の掃除家。


お風呂


お風呂の汚れといえばカビ、と思う人が多いかもしれません。もちろん水回りの敵であるカビも多いのですが、実は「油」もたくさん残っている場所なんです。動物と同じく、人間からも毎日皮脂汚れが出ているので、きちんと掃除しておかないと、黒ずみの原因となってしまいます。カビ防止のためにもお風呂の換気扇はつねにONに!


・バスタブ
まずバスタブは日頃やっているようにお風呂用の中性洗剤で洗います。ちなみにお風呂用の中性洗剤はトイレ用の洗剤でも代用可能。2つとも成分はほとんど同じで、どちらも水垢、石鹸カスを落とす効果があります。中性洗剤は、手肌や素材を傷めることなく汚れを落とせるので、家全部に使える使い勝手の良さが特徴。「ミニマムに暮らしたい」「在庫を減らしたい」といった方は、洗剤を一本化してみるのはいかがでしょう?
バスタブに使用するのは、柄が長く、洗う部分は傷が付かない素材でできている清掃用具を選んでください。柔らかいアミ目状の繊維で出来ているものなど、ふさふさの毛がついているものがおすすめです。柄が長いと屈む必要性もなく、一つ一つの動作に変化がつかないので時短にもなります。また壁とドアの高い部分も掃除ができるので、お風呂はこれ一本ですべて洗いましょう。バスタブを洗った後は、洗い場、壁、ドアなども同じクリーナーで洗い、洗剤が染み込むまで泡の状態で15〜20分ほどおいてから流してください。
ここでも重要なのは50〜60度のお湯! カビ防止にもなりますし、除菌、消臭などに効果的。

50〜60度のお湯だとだいたいの菌は死滅しますが、高温が出ない家はできるだけ高い温度のお湯で掃除をしてみてください。(大関さん)
山崎工業のユニットバスボンくんは大関さん絶賛お掃除グッズ。
シャンプーなどの容器の裏もぬめりやカビなどある場合があるので忘れずに。


・カビ
洗い場の角やパッキンに生えたカビには、キッチンで使用している漂白剤(泡)で対応します。お風呂のカビ用の洗剤もありますが、キッチン用漂白剤も同じ塩素系洗剤で、濃度と成分が少し違うだけ。洗剤はできるだけ少なく、簡素化した方が効率はいいので、私はキッチンの漂白剤だけを使用しています。
お風呂のカビには大きくピンクのカビと黒カビの2種類があります。できればカビはピンクカビの内に対処してください。ピンクカビは石鹸カスを餌に水だけでも繁殖するので、細めなケアが絶対必要です。このピンクカビを放置してしまうと、悪しき黒カビが発生に繫がります。黒カビは頑固で落としにくく、金属の色さえも変えてしまう強力なもの。人体にも影響する場合もあるので、ここまで進行してしまったら、キッチン用漂白剤をかけ、15分ほど置いて後に残さないように取り除くのが必須です。しつこいときはキッチンと同じ用に、キッチンペーパーかラップで湿布をして再度、時間を15〜30分おいてみてください。

ピンクカビは黒カビの前哨戦!黒くなる前に落とすことが大事です。


・鏡
鏡や金属部分の汚れといれば、白いポツポツ。あれは「鱗状痕(りんじょうこん)」と言って、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が固まってできたものなんです。この鱗状痕は細かい汚れのため、普通のスポンジでは取ることができません。浴室・洗面まわり用のダイヤモンドバッドで円を描くように優しく磨いてくださいね。
※キズがつく場合がありますので、目立たないところで試してから使用してください。

鏡やガラスに付くうろこのような汚れ。掃除のプロの間では「涙目」なんて呼び方もするんです。

大関さんが実際に使用しているグッズ
 


「掃除とは、キレイな状態を持続させるためにどうすればよいか、想像力を使い、センスが磨かれる仕事なんです」と言う大関さん。STAY HOME中に是非、試してみてくださいね。

※キッチン、お風呂の素材により、適する洗剤は変わってくるので、洗剤の注意書きをよく確認ください。

取材・文/松田祐子
構成/朏亜希子

 

第1回「【収納術】無印&IKEAで効率化!おしゃれな人の美的クローゼット」はこちら>>

第2回「【断捨離】秋になる前に「残す服&手放す服」7つのポイント」はこちら>>

第3回「【断捨離】チャリティフリマで100着完売して見えてきた、必要な服の基準とは?」はこちら>>

第4回「​【収納術】ライフスタイルプロデューサーが教える究極の「時短クローゼット」とは?」はこちら>>

第5回「​【断捨離】エルメスが教えてくれた「一生愛せるモノの条件」とは?」はこちら>>

第6回「​【マンション収納】少ないスペースでもすべて収まるミニマム整理術とは?」はこちら>>

第7回「​【衣替え】省スペースで美しく暮らす「服を増やさない」7つの掟」はこちら>>

第8回「【衣替え】無印・ニトリ・天馬…1番使える「収納ケース」はどこ?失敗しない選び方の極意」はこちら>>

第9回「【衣替え】夏のサンダルを来年も綺麗に履くための”基本のお手入れ”7」はこちら>>

第10回「【収納術】モデル鈴木六夏の「衣替えしない前提」の等身大クローゼットとは?」はこちら>>

第11回「【断捨離】後悔しない「服の減らし方」とは?モデル鈴木六夏の6つのルール」はこちら>>

第12回「ユニクロとZARAが定番!モデル鈴木六夏のミニマムクローゼットの中身とは?」はこちら>>

第13回「【最新トランクサービス4選】「使わないけど捨てられない!」荷物はどうする?」はこちら>>

第14回「【キッチン収納術】"おしゃれでスッキリ”を叶える収納達人の整理法12」はこちら>>

第15回「【年末大掃除】溢れる食器を使いやすくする「キッチン収納」のコツ」はこちら>>

第16回「【年末大掃除】キッチンの油汚れをピカピカに!プロの愛用お掃除グッズ3選」はこちら>>