小さいものだから、場所をとらないから……と、アクセサリーは罪悪感なく増やせるおしゃれアイテム。しかし、適当に置いておくとピアスの片方がなくなってしまったり、ネックレスが絡まったりと、身支度を整える時のストレスにもつながります。全体のコーディネートをセンスアップしてくれるアクセサリーたちは、大事に保管しておきたいですよね。今回は収納の達人たちによる整理整頓術をご紹介いたします。

 


 アクセサリー収納① 
「無印良品」で作る上品収納


アクセサリー収納でまずチェックすべきは、無印良品のアクリルケース用のベロア仕切り。もともとはアクリル収納ケースの仕切り用のものですが、自分の引き出しに合わせて組み合わせが可能。ベロア地なので、ジュエリーに傷をつけることもありません。人によって、リングが多かったり、ピアスが多かったりと、ひとえにアクセサリーといっても、その形状はバラバラ。無印良品のベロア仕切りは、組み合わせ自由なので、自分の引き出しや、持っているアクセサリーに合わせて、パズルのように収納の最適解を作れます。

akiさんのアクセサリーはインテリアの一部のよう。開けても締めても美しい光景に。毎日、好きなアクセサリーを見るだけでも気分は上がるはず。
縦15.5×奥行12cmなので、ブレスレットや大きめのピアスやイヤリングにぴったりのサイズ。



 アクセサリー収納② 
「ダイソー」×「無印良品」で作るシステム収納


アクセサリーを収納する場所を確保できない……、という方にオススメなのが、100均(ダイソー)のクリアケースで作るシステム収納。yai18324さんは使っていなかった文具入れ(無印良品のポリプロピレンケース)にダイソーの積み重ねられるPSクリアケースと、無印良品のベロア内箱仕切リング用を合わせ、引き出しサイズにピッタリの収納を実現!同じメーカーにこだわらず、自分で選んだ収納パーツで構成しているので、効率的な配置が完成しています。引き出しを開けた時に中身がぐちゃぐちゃと混ざらないシンデレラフィットで、完璧な使い勝手に。
また、持ち物によってフレキシブルにスペースを変えられるのも特徴です。「最近リングをしなくなったな……」と思えば、リング用の仕切りを他のものに変えたりと、引き出し内の模様替えも可能です。
アクセサリー収納のためのスペースがない!という人も、もともと置いていた引き出しや箱などをリユースすれば、新たな収納に生まれ変わることも。家の中の空いているスペースをぜひ探してみてください。

整理収納アドバイザーとして活躍しているyai18324さんのアクセサリー収納。
収納場所は、リビング収納の一角。アクセサリーはクローゼットor寝室に収納、という固定概念を覆すアイデアです。
無印良品のポリプロピレンケースにダイソーの積み重ねられるPSクリアケースを入れると左右はぴったり。
無印良品のベロア内箱仕切リング用も小さいサイズを選ぶことで、組み合わせの自由度が増します。



 アクセサリー収納③ 
「ニトリ」で作る宝石箱収納


置き場所が固定されない分、どこでも移動できるジュエリーボックスは、収納場所を気軽に決められるアイテム。お値段がはるジュエリーや、子どもに触ってほしくないアクセサリーは、ジュエリーボックスに入れて、自分だけが分かる場所に置くのも、ひとつの手です。
3段の引き出しがついたニトリのアクセサリーケースはシンプルなデザインに、ベロアのあしらいが上品な人気商品。3段ある引き出しはリング、イヤリング、ネックレスなど、一人分ならまるっと入る大容量。作りもしっかりしているので、中のアクセサリーをしっかり守ってくれる安心感があります。
中の仕切りは取り外すことができない備え付け。「収納の組み合わせを考えることが面倒」という人には、カスタマイズするよりも決められた場所に置く方がストレスフリーです。一番下の引き出しは仕切りがないので、重要な書類などを入れたりと「自分の城」のような使い方も。
そして何と言っても見逃せないのがコスパ!これで3000円台というお値段以上のスペックが魅力です。

ニトリのアクセサリーを使っているcanal.accessoryさん。キレイに並んだリングは、見ているだけでうっとり。
アクセサリーボックスに収納することで、「宝物」としての特別感を演出してくれます。
シックで落ち着いた印象。重さは約1.3kgと移動も楽にできます。
 



 アクセサリー収納④ 
ダイソーで作るハンギング収納


ネックレスやブレスレットは、引き出しに入れると意外と場所をとってしまうもの。そんな時は”壁掛け”がオススメ。ダイソーのワイヤーネットをクローゼットの壁に貼り、ハンギング用のフックを装着。絡まることもなく、まとまらない形状のアクセサリーもすっきり収納できます。壁があれば、どこでも設置ができるので、空いているスペースで新しく収納場所を確保できるんです。
ダイソーで扱っているフックには長さや形状が色々あるので、ループ系アクセサリーにはJ型、ブレスレットは柄の長いI型などアイテムによって選択可能。また、ネックレスやブレスレットだけではなく、リングも引っ掛けられます。スカーフやベルトも一緒にかけておくことで、小物とコーディネートしやすくなりますよ。

 


小さいものだからこそ、丁寧に収納することで、探す手間もなくすリスクもなくなります。「気がつけば片方だけのピアスがたくさん……」という方は、ぜひ、おうち時間の際に収納方法を変えてみてくださいね。整理することで、リングの重ねづけ、ネックレスとリングの色の合わせ方など、新しいコーディネートのヒントになるかもしれません。
 

取材・文/松田祐子
構成/朏亜希子

 

第1回「【収納術】無印&IKEAで効率化!おしゃれな人の美的クローゼット」はこちら>>

第2回「【断捨離】秋になる前に「残す服&手放す服」7つのポイント」はこちら>>

第3回「【断捨離】チャリティフリマで100着完売して見えてきた、必要な服の基準とは?」はこちら>>

第4回「​【収納術】ライフスタイルプロデューサーが教える究極の「時短クローゼット」とは?」はこちら>>

第5回「​【断捨離】エルメスが教えてくれた「一生愛せるモノの条件」とは?」はこちら>>

第6回「​【マンション収納】少ないスペースでもすべて収まるミニマム整理術とは?」はこちら>>

第7回「​【衣替え】省スペースで美しく暮らす「服を増やさない」7つの掟」はこちら>>

第8回「【衣替え】無印・ニトリ・天馬…1番使える「収納ケース」はどこ?失敗しない選び方の極意」はこちら>>

第9回「【衣替え】夏のサンダルを来年も綺麗に履くための”基本のお手入れ”7」はこちら>>

第10回「【収納術】モデル鈴木六夏の「衣替えしない前提」の等身大クローゼットとは?」はこちら>>

第11回「【断捨離】後悔しない「服の減らし方」とは?モデル鈴木六夏の6つのルール」はこちら>>

第12回「ユニクロとZARAが定番!モデル鈴木六夏のミニマムクローゼットの中身とは?」はこちら>>

第13回「【最新トランクサービス4選】「使わないけど捨てられない!」荷物はどうする?」はこちら>>

第14回「【キッチン収納術】"おしゃれでスッキリ”を叶える収納達人の整理法12」はこちら>>

第15回「【年末大掃除】溢れる食器を使いやすくする「キッチン収納」のコツ」はこちら>>

第16回「【年末大掃除】キッチンの油汚れをピカピカに!プロの愛用お掃除グッズ3選」はこちら>>

第17回「【年末大掃除】「お風呂」のカビ&皮脂汚れを退治するプロの技3選」はこちら>>