こんにちは、エディターの昼田です。

ベスト/フランキーショップ パンツ/リラクス サンダル/ユニクロ

3つ年上の姉は、外見からキャラクターまで何もかもが正反対。身長は私より20cm以上低く、並んでいて姉妹に見られることはほとんどなくて。学生時代、私が勉強もしないでファッション誌を読み漁っていたころ、姉はずっと化学の問題を解いているような人でした。感覚派で空気読める系の私に対して、理論派の姉。身内だろうが他人だろうが、空気を読まず物事の本質をズバッと言い切る姿は、まるで鋭いナイフそのもの。小柄で体力のない姉に神様が与えた武器は、強烈でした。

 

人生に行き詰まると、姉に相談。
洋服の話をしたことは一度もないけれど、姉がこの姉であってよかったと思う瞬間がこれまでに幾度となくありました。

 

そんな何もかもが違う私たちの唯一の共通項は、少ないモノで暮らしたい「ミニマリスト」であること。どちらに影響されたわけではなく、気がつくとそうなっていました。いや、遺伝子に組み込まれていたのかもしれない。

 

私たちは「片付けられない母親」から生まれた「片付けたい娘たち」だったのです。

先日、姉から送られてきた本のタイトルを見て背筋が凍りました。

ときどき読み終えた本を送ってくるのには「これは読んでおきなさい」という無言のメッセージが込められているのだろうけれど、姉が今何を考えているかを一瞬にして悟りました。

いつまで元気でいるか分からない両親と、私たちに襲いかかってくる「実家じまい」の問題。離れて暮らす姉妹にとって、それは容易なことではありません。しかも片付けられない母親のせいで、モノが多すぎる家。”近い将来”ではなく、Xデーは明日かもしれないという姉の危機感が伝わってゾッとしました。

 

母は何かにつけて「もったいない」と口にする人で、モノを捨てることが苦手な人。賞味期限の切れた食材ですら捨てられず、服においてはクローゼットに収めるという発想がなく、新しいハンガーラックが買い足されていくばかり。

家が荒れないようにせっせと片付けるのは、きれい好きの父と私たち姉妹。主に母が仕事でいない隙に決行されました。ただ「なんで捨てたのよ!」なんて母に逆ギレされることもよくあって、これはマズイと子供ながらに考えたのが手紙を残すこと。
“毎日頑張っているお母さんの代わりに掃除しておいたよ! いつもありがとう!”なんてメッセージを見たら、怒るに怒れないだろうという作戦でした。

できるだけ気づかれないように、ちょっとずつ片付ける私たち。モノを捨てるにも細心の注意が必要でした。


そして時は流れ、今。できるだけ少ないモノで暮らしたい私を妨害するのは、娘!  空箱や段ボールはなんでもとっておくし、絵や工作もどんどん増えていきます。

 

「ママのために作ったよ」「ママを書いたんだよ」なんて言われたら、捨てるのに躊躇してしまいます。

娘がいないときを見計らって、こっそりと少しずつ捨てる私。ゴミ袋から透けて見えてしまえば「なんで捨てたのよ!!」とキレられてしまうから、何かに包んだり、底に入れてみたり……。捨てるのも本当にひと苦労。


あぁ、あの頃の私と変わらないじゃないか(笑)。

断捨離の敵は、家族。
次回に続きます。
 

昼田さんのコーディネートをもっと見る
▼右にスワイプしてください▼


撮影・スタイリング・文/昼田祥子
構成/出原杏子
 

 

 

【昼田祥子さんの断捨離記事を読む】
第1回「ニット3枚、靴は3足あればいい。断捨離クローゼットの中身とは?」>>

第2回「断捨離クローゼットを維持する、こだわりのセルフケアアイテム5選」>>

第3回「断捨離エディターが洋服を長持ちさせるために使っている「洗剤」と「ハンガー」は?」>>

​第4回「冬は「ユニクロ」2枚とコートあればいい!ファッションエディターの結論とは」>>

第5回「ミニマムワードローブで作るON&OFFコーデを拝見!」>>

第6回「【最高気温0度ファッション】雪の日もゲレンデもOK「ベスト防寒アイテム5」」>>

第7回「【ユニクロニット】プチプラなのに買ったときよりも好きに。着回し術とお手入れ方法」>>

第8回「断捨離後の愛用パンツ。「ユニクロ」から「ZARA」に乗り替えた理由とは?【GWに何しよう】」>>

第9回「年齢を重ねたからこそ着たい「メンズ服」の取り入れ方【ファッションエディター昼田祥子さん】」>>

第10回「シャツなら”無印良品”。あえて「メンズ服」を選ぶおすすめブランドとは?」>>

第11回「無印、ユニクロ...メンズ服は何を選んで、どう着る?【ファッションエディター直伝!】 」>>

第12回「この夏に推す「Tシャツ&デニム」3選。シンプルなのに雰囲気のでる着こなしとは?」>>

第13回「【ユニクロ】断捨離エディター絶賛!「美シルエットで高見え」の新作パンツ着こなし4選」>>

第14回「シャツオタクの断捨離エディターが「マディソンブルー」と「ヒトヨシ」の白シャツを愛する理由」>>

第15回「断捨離エディターが愛する名品「白シャツ」。きれいめに着こなす4つのコツ」>>

第16回「断捨離エディター厳選、スタイルアップできる人気ブランドの “きれいめパンツ”を着比べ!」>>

第17回「​美脚見えする「ニット&スウェットパンツ」を断捨離ライターが着比べ!」>>

第18回「​​シャツマニアが厳選!一番使いやすい「羽織りシャツ」とは?」>>

第19回「「トップスはパンツと同系色」ルールで時短!おしゃれをラクにする4日間着回し」とは?」>>

第20回「雪の日でも寒くない!この冬買い足した防寒コートとインナーは?」>>

第21回「​“最高気温3度”の日に着たい、しっかり防寒&おしゃれ見えが叶うアイテムは?」>>

第22回「セール品は買わず「アイウェア」に投資する理由【断捨離エディターのお買い物術】」>>

第23回「「服は変えずにメガネだけ変える」断捨離エディター愛用の「アイウェア」をかけ比べ!」>>

第24回「【ユニクロ】きれいめに穿ける名品スウェットパンツを見つけました!」>>

第25回「「どうしても捨てられない服」にぶつかったときに試した究極の方法とは?【断捨離エディター体験記】」>>

第26回「【断捨離体験記②】捨てられないモノがある人は「超ラッキー」!」>>

第27回「モノを捨てる罪悪感から抜け出すには?【断捨離エディター体験記】」>>

第28回「「メンズシャツとパンツの女性」なりたいイメージを持ったら、断捨離できた【エディター体験記】」>>

第29回「​「ときめくもの」が分からないから、大事にしたのは「すっきり感」【断捨離エディター体験記】」>>

第30回「​トレンド好きのはずが、断捨離したら「全身ユニクロ」になった話【断捨離エディター体験記】」>>

第31回「​彼女は「マノロ」私は「ジーユー」。高い靴を買わなきゃおしゃれになれないなんて、誰が決めた?」>>

第32回「​「おしゃれじゃない自分」を惨めに思ったとき、実践したただ1つのこと【断捨離エディター体験記】」>>

第33回「「公園おしゃれ」なんて気にしない。一番地味で、ダサくてもいい!【断捨離エディター体験記】」>>

第34回「​服を買っていないのに、なぜか「おしゃれ」と褒められる“絶対法則”見つけました【断捨離エディター体験記】」>>

第35回「​​もっと「髪型」に頼っていい。服に飽きたら、髪型を変えればいいんです!【断捨離エディター体験記】」>>

第36回「おしゃれしたくない日があってもいい。「ときどきおしゃれな人」になろうと決めました【断捨離エディター体験記】」>>

第37回「靴はシーズン3足まで!服より前に「靴から捨てる」べき理由【断捨離エディター体験記】」>>

第38回「「何でも着こなせる人」になる必要はない。「シャツ」に特化しておしゃれの腕が上がる【断捨離エディター体験記】」>>

第39回「結婚・給料アップ...モノを手放し、すごい早さで人生を変えた友人の話【断捨離ドキュメント・前編】」>>

第40回「​「私なんかが...」をやめて服を見直したら3日後に出会い、結婚へ【断捨離ドキュメント・後編】」>>