14

「コンドームは最低の避妊具⁉︎」驚きの避妊最新事情

そして、“日本ではアクセスできない、海外のスタンダード”が多いという点では、イベントのテーマである避妊法も同様です。現在の日本における避妊法は、コンドーム、低用量ピル、IUS(子宮内避妊システム)、IUD(子宮内避妊器具)の4種類。そのうち日本では、9割以上の人がコンドームに頼っているそうですが、早乙女先生に言わせれば「コンドームは、避妊方法としては最低です!」

「コンドームによる避妊の失敗率は、年間2〜15%。この割合は低用量ピルの約10倍にのぼります。現に、中絶をするケースの約半数はコンドームの失敗。何より、コンドームは男性主体の避妊法。でも、妊娠で人生が左右されるのは、女性の方です。たとえ相手の男性と結婚できたとしても、仕事や夢を肩代わりしてもらうことはできないのですから、産むか産まないか、また産みたい時期をコントロールすることは、やはり女性自身が主体となって行うべきなのです。」

早乙女先生が考える「コンドームが守るもの・阻むもの」。最近は日本でも、避妊法というより性感染症予防のために使用が勧められるようになってきたコンドーム。ただし海外では「夫婦のセックスでコンドームを使用している」と話すと驚かれるそう。早乙女先生いわく「避妊は妻がIUSなどで管理し、性感染症は検査を受ければ問題ないはず。コンドームを付けてセックスするのは、『あなたが好きです』と言いながら手袋をして握手するようなものですよ。」…なるほど納得!

海外に目を向けてみれば、避妊法はかなりバリエーション豊か。日本で扱われていないものが多い現状は、残念さを通り越して不可解ですらあります。

「いまや海外の避妊法の主流は、LARC(long acting reversible contraception)と呼ばれる“一度着けたら放っておいても避妊できる”タイプ。ファーストチョイスは、インプラント(皮下への埋め込み式)とIUS(子宮内避妊システム)。特にIUSは、妊娠を望まない間、入れっ放しにしておくだけで、男性同様に妊娠の心配がなくなります。セカンドチョイスは、注射法、パッチ法、膣内リングですが、前出のインプラントとこの3つは、すべて日本にはありません。サードチョイスでようやく低用量ピルとコンドーム。実はピルも飲み忘れる心配があるため、世界的に見れば、あまり優れた避妊法とは言えないのです。

さらに、日本では、避妊は保険と自費が混在。IUSも避妊目的になると自費、且つ相当な高額に。海外では、特に若者には無料で提供される国も多いなか、女性の健康にとって欠かせない避妊と中絶の自費診療は、甚だ疑問と言わざるを得ません。」


性の健康は、すべての人の権利。
優先されるべきは当事者の意志


そもそも性の健康は、年齢や性別に関係なく、すべての人にとっての健康課題。2014年にWAS(世界性の健康学会)によって提唱された『性の権利宣言』では、誰しも“望みうる最高の性の健康”を実現する権利があると謳われています。

「女性の健康を考えるうえで、避妊や中絶を含む生殖に関わることは、非常に大きな要素。にもかかわらず、当事者である女性が周囲の感情論に振り回されることは少なくありません。妊娠〜おめでとう、中絶〜けしからん、出産〜おめでとう、避妊〜けしからん、不妊〜大変だね…、これ医療の現場では全部いりません。 なぜなら、妊娠した瞬間に困る人はたくさんいるし、不妊治療を経て喜んで妊娠しても胎児に問題が見つかって中絶を選ぶ場合もあるし、ふたり目を妊娠しても上の子との間隔が近過ぎて産めないことも。生殖にまつわることは、どれもひとりの女性に連続して起こり得ること。だからこそ、フラットに扱うことが重要なのです。

中絶についての国際学会で、胎児への憐憫や宗教的な懸念が語られることはありません。自分の身体のことを自分で決めることの何が悪いのでしょうか? 女性に限らず、男性もどんなセクシュアリティの人も、人はみんな主体的に生きていいはずです。『My body, My choice』。日本の社会のなかでそれを阻もうとする可視化されていない現象を、少しずつ変えていけたらと思います。」

“未来の避妊”は、ここまで行くのでしょうか!? マイクロチップを皮下に埋め込むだけで、16年間も避妊効果が持続するという最先端の避妊インプラント。さらに画期的なのは、妊娠したい時期が来たら、手元のリモコンでその効果をオフにできるという最新機能。「2018年に販売開始と言われながら何も聞こえてこないので、現在どうなっているかわかりませんが、いずれにしても将来的にはこんなかたちになっていくんじゃないでしょうか」と早乙女先生。


レポート後編では、IUSユーザーである40代女性の貴重な生の声や、性の先進国スウェーデンを始めとする世界での避妊の環境について、またアフターピルへのアクセス改善の必要性についてお届けします。

ライター 村上 治子

1973年生まれ。大学卒業後、アパレル商社、広告制作会社を経てフリーライターに。主にファッションと占いの記事を執筆。今後は、更年期や閉経後の性のことについても探っていきます。興味があるのは「女性らしさ」や「コミュニケーションとしてのセックス」。趣味は10年習っているフラ。夫と思春期の息子がいます。


撮影/ミモレ編集部
取材・文/村上治子
構成/片岡千晶(編集部)



 

【寄り合いイベント告知】
2月23日(土)14:00~16:00(受付開始:13:30)

ゲスト:染矢明日香さん(NPO法人ピルコン理事長)
テーマ:親なら知っておきたい今どきの性教育事情

NPO法人ピルコン理事長。石川県金沢市出身。自身の経験をきっかけに、日本の望まない妊娠・中絶の多さに問題意識を持ち、慶応義塾大学在学中に「避妊啓発団体ピルコン」を立ち上げ、2013年にNPO法人化。医療従事者など専門家の協力を得ながら若者や保護者を対象とした性教育やライフプランニングを学ぶ講演活動やコンテンツ開発を行う。学生ボランティアを中心に身近な目線で性の健康を伝える「LILYプログラム」の出張講演をこれまでのべ150回以上、2万人を対象に実施。思春期からの正しい性知識の向上と対等なパートナーシップの意識醸成に貢献している。“人間と性”教育研究協議会東京サークル研究局長。著書に『マンガでわかるオトコの子の「性」 思春期男子へ13のレッスン
染矢さんのインタビューはこちら>>

●内容
ゲストによるトークセッションの後、テーブルごとに座談会を行います。座談会の間、編集部員とゲストがテーブルをまわります。座談会終了後、テーブルごとに発表して頂き、ゲストとの質疑応答タイムを設けます。最後には集合写真を撮影し、後日皆さまにお送りいたします(撮影は任意です)。また、当日はソフトドリンクのご用意と、お土産がございます。

●参加費
¥1000
※当選者の方には、入金方法を別途ご案内いたします。

●参加人数
40名~60名予定

●会場
講談社(有楽町線 護国寺駅 直結0分)
東京都文京区音羽2-12-21

●注意事項
・記事作成・記録用にお写真を撮らせて頂きますが、座談会中にお話ししたことは記事には致しませんのでご安心ください。
・トーク中の写真撮影・SNSアップは可能ですが、座談会で話した具体的な内容の公開はご遠慮ください。
・当日の様子はインスタライブで配信予定です。

●お申し込み期限等について
<第三回期限>~2月7日(木) 11:59

・応募多数の場合は、抽選とさせて頂きます。当選者の方には、2月8日(金)までに参加決定の連絡とイベントの詳細をメールでお送り致します。

※ご応募はページ下部の応募ボタンからお願いします。

妊娠の疑問に答えてくれるLINEボットがスタート!
『THINK OF HININ』の主催者でもあるNPO法人ピルコンさんが、このたび、LINEボット『ピルコンにんしんカモ相談』をリリース!「妊娠したかも?」と不安になった時や避妊や検査について知りたい時、LINEに相談するだけで、正確な情報を自動応答で即座に返信してもらえます。誰でも何度でも無料で利用可能。ご自身はもちろん、ぜひ、お子さんや若い女性にお伝えして、困った時、そして困る前に正しい情報を得られる場がある安心感を広めていきませんか? 詳しい情報や利用方法は、こちらの紹介ページよりご確認ください。


第1回「宋美玄先生と考える「私たち、もっとセックスするべきですか?」」はこちら>>
第2回「更年期以降をすこやかに送るために、「自前」にこだわるよりも大切なこと」はこちら>>
第3回「マスターベーションを教えられる親子関係をめざして」はこちら>>
第4回「デリケートゾーンの新習慣! おすすめケアアイテムをピックアップ」はこちら>>
第5回「セックスの価値観をリセット①「挿入主義から解放されよう」」はこちら>>
第6回「セックスの価値観をリセット②「セックスレスの原因と対策」」はこちら>>
第7回「セックスの価値観をリセット③「自分の性欲と向き合うことの意義は?」」はこちら>>
第8回「10代の性の現状と学校の性教育〜日本の性教育のいまと未来〜」はこちら>>
第9回「家庭でできる性教育ってどんなこと? 〜日本の性教育のいまと未来〜」はこちら>>
第10回「性教育は性の幸福感も語れる多様性を〜日本の性教育のいまと未来〜」はこちら>>
第11回「50歳で見つけた自撮りヌードの道 〜熟女がありのままの女性性を肯定する方法〜」はこちら>>
第12回「性欲との向き合い方に正解はない 〜熟女がありのままの女性性を肯定する方法〜」はこちら>>
第13回「夫婦のセックスレス問題、妻側のリアルな本音【30〜40代読者座談会】」

  • 1
  • 2